« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

日本ダービー回顧~皐月賞で買いたい・・・

ロジユニヴァース快勝でした。

馬場を味方につけ、内差し、これぞ横山典という騎乗で「ダービージョッキー」になりました。

Rojiyuni

ネオユニヴァースは重馬場巧者とは思っていましたが、一方のアンライバルドはやはりトライアンフマーチ共々この馬場で外枠が響いたのかなという結果でした。ただ、日本ダービー:東京優駿とは重馬場とはいえ、こういった最後の凌ぎ合いが理想やはりですね。ウオッカが勝ったような軽いSP決着は個人的には好ましくないです。とりあえずノリあっぱれ(^-^)

それにしても個人的には皐月賞で買いたい複勝圏内でした、笑。

来週は安田記念です。

ウオッカ・ディープスカイ・ローレルゲレイロ・スーパーホーネット・香港馬など多種多様です。

激しい先行争いからの直線粘り込みあい、期待します。それにしても東京のG1ばかりなのは「もういいんじゃない?」というのも思ってきます。枠の差が大きすぎます。

p>にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

日本ダービー予想~[寄稿]単複的馬券講座

当クラブ競馬のメンバーである「淀の単複くん」からダービーの予想が入りましたのでアップします。

ちなみに単複くん「目黒記念はミヤビランベリ」です。

では、

「~単複的馬券講座~日本ダービー編」

血統的な狙い目はまずはSS、更に2年連続で絡んだタニノギムレット。プラスアルファでグレイソヴリン系もしくはND系統がいる。

次に近2年とそれより前では傾向が変化してきている。近2年の勝ち馬はウォッカ、ディープスカイともマイラー資質が高く、それ以前のクラシックタイプのダービー馬とはタイプが異なる。馬券に絡んだ4人気以下の穴馬では、マイラータイプがアドマイヤオーラとスマイルジャック、クラシックタイプがアサクサキングスとブラックシェルと両タイプとも2頭ずつ絡んでいる。ただし、クラシックタイプの2頭は前走にNHKマイルを経由している。それらから、ポイントに

マイルを置き、マイル資質のある血統もしくはクラシックタイプでも前走がNHK

というところを狙っていきたい。

結論としては

◎ トップカミング 

がでてくる。トップカミングの血統構成はゴールドアリュール(SS系)×サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)といったクラシックでは全く活躍しそうにない血統。父ゴールドアリュール、母父バクシンオーという2000以上で距離不安がでてきそうに思えるが、大きな目でみれば、SS×ナスルーラの配合と見ることもでき、同じナスルーラ系統に属するグレイソヴリン系が好走していることを考慮すると悪くない。

更に言えば、母父系から短距離方種牡馬が入った場合は長い距離も充分こなせる。ミスプロやボールドルーラー、ネヴァーベンドといった12でみかけるような系統が母父に入っている馬の長距離での好走というのが結構目立つ。

近年では条件違いだが昨年オークスの2着馬エフティマイアがいい例で、フジキセキ×ニホンピロウィナーといったどう考えても2400こなせそうにない血統で激走している。それらのことから母父短距離馬はクラシックディスタンスをこなせるという予測ができる。それらの傾向とトップカミングの人気を合わせて考えると、期待値の高くなる本命と思われる。

対抗には

ロジユニヴァース

こちらは父ネオユニヴァースの傾向がまだ掴めていないので難しくはあるが、予測としてはタキオンやフジキセキのようにマイラーや2000mで実績を上げるようなタイプがでてくるのではと思う。さらに母父がダンチヒ系で、SS×ダンチヒというマイル資質のある配合になっているのがよい。

その他

ナカヤマフェスタ
5年前のハイアーゲームと同じSS×リボーで、ハイアーゲームは鳴尾記念で激走したように、マイラーとは言えないが距離適正が短くふれそうな配合なので

ジョーカプチーノ
マンハッタンカフェ×フサイチコンコルドという菊花賞馬にダービー馬をかけあわせたクラシック配合。なのにNHKマイルを制覇とクラシックタイプのマイル経験馬ということで

トライアンフマーチ
スペシャルウィーク×ダンシングブレーヴという、今回18頭の中で最もクラシックに強そうな配合。菊花賞をとれるように思えるので、アサクサキングスと同じようなイメージで買い目に

セイウンワンダー、リーチザクラウン、アンライバルド

ここらへんはこられたときに外すとショックなのでおさえておきたい。

・・・・・・・・・・・・という見解です。僕自身と同じ面、違う面がありますが競馬予想はそういった個人個人によって十人十色の予想がでてくるのが面白く、その考察を戦わせるのか醍醐味でもあります。結果はいかに・・・共に倒れるのか!?

p>にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

2009年5月30日 (土)

日本ダービー予想~淀みない24芝で総合力を発揮する

日本ダービー(東京優駿)の予想です。

3歳2006年度産の頂点を決める・・・というフレーズが今年も叫ばれるでしょう。この日本ダービーの適正群は07年を境に変化してきているという印象があります。まず、06年までは、

キングカメハメハ・ディープインパクト・メイショウサムソン

と東京2400m芝を力でねじ伏せるSP・ST・PW全てにおいて世代No.1の馬が勝ちきるレースでした。

2007年以降の2年は、

ウオッカ・ディープスカイ

と、より1600mで強さを発揮するSP・PWの優れた馬が好走しています。

2009年の今年も1600mよりの馬が好走するなら、自身の適正群の基本である過去3年という範囲の全ての群になるので、1600m好走馬をひたすら探すのですが(笑)、願望としては、「総合力」で決着して欲しいという願望は強いです。幸い、今年のメンバーでは流れが速くなりそうなのと、馬場渋りそうなのでこの「総合力」レースになるのではないかという予想です。

ジョーカプチーノからマイラーへの馬券を抑えとして少し買いますが、笑。

では、最終の考察です。

血統適正群

SS系統

Grey Sovereign、Princely Giftを基盤とするNasrullah系統

Lyphard

コース適正群

前半より後半に時計がかかるより持久力を必要とするレース

(今年は、デイリー杯2歳、シンザン記念、皐月賞、ラジオNIKKEI、札幌2歳ステークス)

適正推奨馬

トライアンフマーチ

「適正内推奨馬」

アンライバルド・ロジユニヴァース

「激走期待馬」

アプレサンレーヴ・シェーンヴァルド・トップカミング

「適論」

まず、今年の展開を予想する上でその重要な要因を示すのはラップ。自身の考察では、速くなると想定しました。そのラップはより2400mを好走できる馬が適正群の中央に君臨するものです。「適正推奨馬」は、

トライアンフマーチ

父:スペシャルウイーク

母父:ダンシングブレーヴ

という配合で、血統適正群のSS系統にLyphardを配した血統、この血統はメイショウサムソンが制した06年以前の血統適正馬です。そして、今年の3歳馬で一番、持久力が問われた皐月賞で追いこみ2着でした。皐月賞ではアンライバルドに完敗でしたが、東京コースに変わって逆転は可能、好位置での追走希望。

「激走期待馬」は、血統適正群Nasrullahを持つ3頭

アプレザンレーヴは、内枠、好位置で競馬できる馬

トップカミングはシンザン記念好走馬

シェーンヴァルドはデイリー杯勝ち馬で皐月賞よりは好走群のある舞台に変わる点

を重要視しました。

「適正内推奨馬」の2頭は、総合力が問われた、皐月賞、札幌2歳勝ち馬です。人気面からの適正内推奨馬としての推奨にしました。

過去、巻き返しの多い「きさらぎ賞」「毎日杯」「スプリングS」組の皐月賞、NHKマイル惨敗馬は、近年の該当レースが持久力を必要とされるコース適正群のレースだったのとは真逆の「Sペースからの上がり競馬」だったので評価を一枚以上、下げました。但し、今年も1600mよりのレースだろうと予想される方は「買い」でもいいかもしれませんね。

ダービーはダービーらしく2400mの適性で決まってほしいとは思っています、笑。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

目黒記念予想~重たくなればNureyev的PWが発揮

「前日発売」で買おうと思っている目黒記念の予想です。

このレースは比較的人気馬で決まることが多いです。やはり、東京25芝という条件がより総合力を必要とするレースだからでしょうか?

「血統適正馬」

サンデーサイレンス系(対配合にST血統)が中心

「コース適正群」

京都24、22芝などの外回り

「適正推奨馬」

ジャガーメイル

「激走期待馬」

ポップロック・ニホンピロレガーロ・ワンダームシャ・キングアーサー

「適論」

ジャガーメイルは、過去3年の勝ち馬の「母父SS」と同じ血統構成です。東京24芝で差し込み経験があるように長く良い脚を使える馬で、前走の天皇賞・春の結果からも適正群の中心に一番近い馬です。さらに、週末の雨予報で馬場が重たくなることが想定され、

父:ジャングルポケットに含まれるMureyevの馬場適正がフルに発揮されるのではないでしょうか。この「ジャンポケにサンデーを対配合に持ってくる血統構成」は稍重の優駿牝馬を差し切ったトールポピーなどと同じです。ここは素直に◎を打ち、人気馬が適正群の中心になるので3連単での勝負になりそうです。

そして、過去3年複勝圏内9頭の特徴は、京都外回り好走が好走している点です。

08 ホクトスルタン(京30)・アルナスライン(京24、30)・ロックドゥカンプ(京30)

07 ポップロック(京24、22)、アドマイヤフジ(京24、22)

06 ポップロック・アイポッパー・ダディーズドリーム(京24)

と、3歳のココナッツパンチを除いて当てはまります。

2009年出走馬の中で、京都22、24、30芝好走歴のある血統適正のある馬は内枠より以下の馬です。

ダンスアジョイ・ホクトスルタン・エリモエクスパイア・ポップロック・ニホンピロレガーロ・デルタブルース・キングアーサーです。

激走期待馬は上記の中から、

母父SSで過去2回制しているポップロック

父SSのキングアーサー

アドマイヤベガ産駒のニホンピロレガーロにしました。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

   

2009年5月29日 (金)

金鯱賞予想~高齢馬でなければ・・・

金鯱賞の予想です。

タップダンスシチーやサイレンススズカなど当時、最強馬と言われる馬が力通りにその強さを見せつけたレース。今年はどうだろうか。

「血統適正馬」

PW寄りの血統になるか絶対的ではない。

「コース適正群」

小回り2000mで1:58.5以内好走馬

「適正推奨馬」

サクラメガワンダー

「激走期待馬」

インティライミ・ワンモアチャッター

一番、適正がある馬を素直に挙げたいが・・・

年齢、休み明けなど考慮する面が多すぎて、素直に「適正推奨馬」として推奨できない馬が適正群の中央。それは、ワンモアチャッター

父:ペンタイア

母父:パドスール

という血統で、Mill Reefのクロスで、Nasrullahの柔らかさが豊富、父系の根幹がBe My Guestなので高速決着、一定の速いラップでの追走が必要な小回りでのST、粘りがあります。9歳という年齢、休み明けを考えると狙い辛いが、適正群の一番中央にいているので抑えは絶対、必要。3年前なら大本命、笑。

天皇賞・秋での走りを信頼

「適正 内 推奨馬」としてサクラメガワンダー

天皇賞ぐらいの持久力、PWSPが要求されるラップでの好走例はこのメンバーに入ると一枚上、グラスワンダーとSSの配合も比較的優秀。

「母系はワンモアチャッターと通じるところがある。」

「激走期待馬」はインティライミ。ダービー2着馬を穴評価するのは・・・だが。時計が速い決着なら休み明けでも台頭があってもいい。

以下、昨年2着マンハッタンスカイなど福島民放杯組やミストラルクルーズなども、例年ほど激走値の高い馬はいないのが事実ではある。まずは今年の傾向を見てみたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

2009年5月26日 (火)

日本ダービー血統分析~先行してマーチ逆転

今週の日曜日は東京優駿、そうです「日本ダービー」です。

といっても、個人的には「日本ダービー」だから特別という意識もなく(笑)、買い金額を増やすこともなく、競馬場に行きたいと思うわけでもなくといった感じです。有馬記念は特別という感じはするのですが・・・

今年はアンライバルドの2冠制覇かが注目です。皐月賞では3強の3番目という位置づけが、皐月賞を圧勝したことで一気に春の主役に躍り出ました。では、血統分析です。ナナメ読み程度でお願いします。

「アンライバルドを嫌ってみるのもあり?」

アンライバルド

父:ネオユニヴァース

母父:Sadler's Wells

カンパニー、ヴィクトリー、リンカーンなどと同じで中山向きの血統。父:ネオユニヴァースのサンデー系後継種牡馬でもPW寄りの血統で、自身の重たい馬場で2冠を制した。当馬は母系にSadler's、Fair Trialの配合なので、馬場が渋ったりすると鬼。中山ベストの配合なので東京24芝なら24芝の純粋な総合力を示せる展開が理想。ロジにも同様に言えるのですが・・・血統的には、スローなら黄信号なのでスローで勝ちきるようなら怪物。

「アンライバルドとジョーカプチーノはナラビタタズ」

☐ジョーカプチーノ

父:マンハッタンカフェ

母父:フサイチコンコルド

母系がバレークイーン一族のフサイチコンコルドなので、アンライバルドと近い配合馬になるのですが、当馬の方が、Nasrullah、Caerleonが入るので東京向きです。フサイチコンコルドは東京14芝や14ダでの好走群を持つようにレースでPWSPが要求される流れで力を発揮する傾向があります。NHKマイルはそういった馬が好走しやすいレースなのですが、ダービー好走する展開を考えた場合、やはり「07年、ウオッカが制した16好走馬が適正群の流れ」その1点です。アンライバルドとは血統面では近くでも好走適正群は真逆だと思います。

「リーチザクラウンには母系Northern Dancerが必要」

リーチザクラウン

父:スペシャルウイーク

母父:Seattle Slew

皐月賞惨敗からの巻き返しが期待されるリーチは父:スペシャルウイーク産駒でブエナビスタと同じサンデー系の父です。しかし、ブエナビスタとの決定的違いは、母系がSeattle Slew/Mr.Prospecterという点。東京24芝とこなすためには母系にNorthern Dancerが入るのが理想で少しST面で不安が残る。1800mなら最強だと思うのですが。。。自身がSペースを作ることができるなら台頭の余地はあるが、その流れならジョーカプチーノか。という考察。

「東京スポーツ杯2歳Sの2頭は」

ブレイクランアウト

父:Smart Strike

母父:Deputy Minister

外国馬で父はカーリンと同じです。当馬は好走レースなどからも母系の影響を強く受けている馬で、母系の東京18芝で好走群を持つフレンチデピュティでNasrullahやPrincequilloの多本数クロスが柔らかさをうみ、東京向きに仕上がりました。16よりは24芝向きだと思うのですが、父がMr.Pro系なので、24芝をこの母系だけでこなせるかというと不安があります。スタンスとしてはSペースで軽い瞬発力レース向きですかね

ナカヤマフェスタ

父:ステイゴールド

母父:His Majesty

母系にHis Majesty、Hail to Reasonのかなり濃いインブリードが配合されている馬です。父系がサンデー系、母系にLyphardが配合されるので、先行抜け出しのレースが理想的ですが、トライアンフマーチの配合よりは格落ちです。母系にこれだけダート志向の強い濃いインブリードが含まれると東京24芝というSPSTPW全てが求められるレースではすこし気がかりです。

「アンライヴァルドと真っ向勝負できるのは・・・条件付きで」

トライアンフマーチ

父:スペシャルウイーク

母父:Lyphard

父サンデー系統/母系Lyphardなのでナカヤマフェスタと同じく先行抜け出しが理想。前走はHペースで後方一気がハマった感がありますし、アンライバルドとは力負けでしょう。しかし、それは後方一気の脚質でのレース。東京24芝なら先行して強気にアンライバルドとの総合力合戦に持ち込めば唯一、ねじ伏せれる血統構成です。前走を幸四郎が捨てれれば。良馬場なら逆転可能。

アプレザンレーヴ

父:シンボリクリスエス

母父:Highest Honor

血統的にも東京向きの斬れのあるシンボリクリスエスで対配合がGrey Sovereign(Blushing Groom)でHペースへの耐久力もあると思います。S、Hペースともに一定以上の結果が出せる配合だはありますが、勝ちきるのは厳しいでしょう。やはりサンデー系にNorthern Dancer配合馬ではないので常に80点の馬でしょう。

ということで、血統面からはアンライバルドはHペースや馬場が渋ったりなど東京24芝の総合力が問われるレースで買いたい馬です。そしてその展開なら、トライアンフマーチが先行すれば逆転可能だと思います。アンライバルドを嫌うなら「07年型ダービー」のSペースからの軽い瞬発力レース。ジョーカプチーノなどの台頭でしょう。

リーチザクラウンが1000mをどの様なラップで走破するのか、ゴールデンチケットが絡んでいくのかがレースの鍵になるのは間違いないでしょう。個人的に血統分析から推奨したいのはありきたりですが、皐月賞2着馬トライアンフマーチ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

2009年5月24日 (日)

オークス(優駿牝馬)回顧~ブエナビスタとシーザリオ

オークスの回顧です。

内枠から伸びたレッドディザイア。

外に出したブエナビスタ。

オークスはこの両馬の枠順の位置が示すとおりブエナビスタはレッドを直線追いかける展開になりました。

そして、最後の1ハロン、最後の10mで差し切りました。

オークスの3連単は桜花賞の3連単と同じ着順で、桜花賞の舞台「改修後阪神外回り16芝」は総合力を問う舞台に変わったのが確信になり、来年はもっとこの組み合わせが売れるのだろうという印象。

血統面では、ブエナビスタの父がスペシャルウイークであったのが大きな要因で、最後の粘り、PWで差し切ったのはやはりSS系でもNijinsky内包の配合だからでしょう。ちょうど、シーザリオがエアメサイアを差し切った最後のPWを思い出し、そして、そのシーザリオなどの影響でスペシャルウイーク産駒の種付けが増えた中の1頭がビワハイジの06だと思う。

スペシャルウイークの最大の長所はそのPW系の粘りでしょう。ブエナビスタはそこにビワハイジのCearleonのMr.Proじゃない重たいSPを配合しているので東京24芝はベストの舞台でした。

2着のレッドディザイアもレース展開としては完璧だと思いました。さすが、ダービー2連覇中の四位騎手だと思います。この対決は秋華賞では見れないのかもしれませんが、秋華賞では逆にレッドディザイアの適正群での競馬になると思うので対決があれば楽しみです。

自身の馬券対象(ブエナの相手)であった、ジェルミナル・デリキットピース・フミノイマージンは個々がベストな乗り方をしました。結果は不的中でしたが、内容には納得です。

Kba0905240513016p1

上記、写真はブエナビスタ号(超大手媒体サンスポ様より転用です。)

こうみるとまだまだ子どもなのに・・・

来週は、ダービーです。

アンライバルドの2冠か、ロジ、リーチの巻き返しか。

東京巧者、ナカヤマフェスタ、ブレイクランアウトなど参戦で楽しみ一杯です。個人的には16より24向きのブレイクランアウトのキャロットコメントで状態を注視したいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

オークス(優駿牝馬)予想~重たくなれば、総合力

優駿牝馬の予想です。

天気予報を見るとオークスは雨になるような感じです。

東京24芝をこの時期に走る牝馬にとって雨が条件に加味されるとさらに総合力が問われるのではないかという考えでいます。

「血統適正群」

Northern Dancer系(対配合にキレのある血統)

母父サンデー

「コース適正群」

阪神16芝

「適正推奨馬」

ブエナビスタ

「激走期待馬」

フミノイマージン・デリキットピース

※ブエナビスタは父:スペシャルウイークが絶品の配合です。そして、素直に考察すると、レッドディザイア、ジェルミナルの桜花賞複勝圏内の馬がそのまま適正群になるのですが、馬券の配当面で妙味が少ないので、個人的には「激走期待馬」に期待したい。

「激走期待馬」の2頭はレース展開を考察すると、逃げるヴィーヴァヴォドガの後ろに位置取りできる2頭。血統面でも血統適正群にあてはまる。

雨が降れば、母系にSadler's Wells配合のレッドディザイアの逆転の目も残るが・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ>
にほんブログ村

東海S予想~アンタレスS組の成績は逆転する

東海S予想です。

中京小回り23ダという施行条件の重賞です。このレースはダートの重賞ということもあり、近走の重賞で対戦する馬が再戦するという構図。

過去3年複勝圏内9頭の血統面での偏った特徴は、ない。中京23ダであればクロフネ産駒あたりを狙っていくと良さそうな感じはするのですが・・・

「コース適正群」

平安S、小回り17ダ

「適正推奨馬」

ワンダースピード・メイショウトウコン

「激走期待馬」

アドマイヤスワット・ヤマニンリュパン・スターシップ

※まず、過去の重賞予想で何度も述べてきたことですが、京都18ダはそのレースによって適正が様々である。なぜ、中京23ダの予想で、京都18ダのことを述べるのかというと、京都18ダ重賞からの参戦馬が多い点、東海Sが平安ステークスが「コース適正群」である点。

この2点である。

09年に京都で行われた「平安S」「アンタレスS」の適正は真逆。

「平安S」・・・ブライアンズタイム中心としたPW寄りの小回り巧者が好走しやすい。

「アンタレスS」・・・東京競馬などの比較的SP、斬れのある馬が好走しやすい。

今年の出走馬で1番人気はウォータクティクスだと思う。アンタレスSをレコードで快勝したウォータクティクスと、平安Sでエスポワールシチーを差し切ったワンダースピード。アンタレスSの成績がそのまま人気に反映されるのなら、その逆目を狙うのが理想的。ウォータクティクスが自身は「適正群での推奨」でその適正群通りの結果を狙うスタンス。今年の平安S出走していたなら~という「たられば」は考えず、当レースでは評価を落としてみたい。

「適正推奨馬」は平安Sの実績組、「激走期待馬」は小回り巧者から。

但し、馬場が重たくなると適正群にズレが生じるため、買い目は控えるのが懸命です。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2009年5月22日 (金)

テレビ愛知OP、フリーウェイS予想

土曜日の東西メインレースの予想です。

テレビ愛知OP予想

このレースは毎年、走破時計が速いのが特徴、開幕週ということもあり今年も7秒台に突入すると思います。

「血統適正群」

Never Bend

Blushing Groom

「コース適正群」

新潟10芝

「適正推奨馬」

アンバージャック

「激走期待馬」

スピニングノアール

※過去、好走血統を見て感じることはPW血統が好走群の中心にいる点。複勝圏内の好走実績も札幌12芝など比較的ダート的PWが要求されるレースでの好走馬が多い点。

「適正推奨馬」であるアンバージャックははっきりいって「激走期待馬」での紹介程度の馬なのですが、血統が目につきます。

ズバリNever Bend系統とBlushing Groom系統の配合馬です。

このレースは前半が速く、なおかつ後半も速い上がりが要求されるレースなので、函館12より札幌12芝での好走群、新潟10芝のような粘りあいながらも速い上がりを使える馬が狙い目だと考えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フリーウェイS予想

このレースは簡単に。

「血統適正群」

PW血統

「コース適正群」

距離短縮馬

「適正推奨馬」

ウィズディクタット

上記推奨馬より広く浅くの馬券構成で勝負が理想。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~