« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

キャロットクラブ勝負レース―8月1日小倉6レース―

キャロットクラブ所有馬の8月1日(土)の1番の勝負馬は、

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

サウンドアクシス

前走が生野騎手鞍乗で5着の時の音無師のコメントが、

29日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-39秒7-26秒3-13秒2)。「馬場が悪かったので時計はそれほど出ていませんが、併せた格上のプロフェッショナルをアオる動きを見せていました。連闘後、少し間隔を開けたぶん、体調面も問題なさそうです。前走は直線で前が詰まるシーンもあって残念なレースになりましたが、ジョッキーにも厳しく最後のチャンスと言ってありますので、今回はあのようなことはないはずです」(音無師)8月1日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に生野騎手で出走を予定しています。

とのことでしたが、

確定後、騎手は武豊Jに、そのコメントが

8月1日の小倉競馬(3歳未勝利・ダート1700m)に武豊騎手で出走いたします。なお、当初は生野騎手で出走を予定していましたが、惜しい競馬が続いている現状を踏まえ、よりチャンスを活かせるよう調教師・クラブ間で話し合いを行った結果、武豊騎手に決定いたしました。

クラブからのプッシュでしょう。

狙ってみる価値はありそうです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

1日の適正群予想―新潟日報杯/今日の新潟直線

新潟日報杯

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

では、適正群です。

このレースは人気薄と人気馬の組み合わせが多いのですが、ハンデ戦だけあって着差が少なく人気薄の激走も見られます。

「血統適正群」

Northern Dancer(Nasrullah)/Mr.Prospecter

「コース適正群」

出来れば距離を短縮してきた馬だが、群を形成するほどではない。

「適正推奨馬」

ダイワプリベール

『ダイワプリベールを適正推奨馬にしました。血統面では、

Mr.Prospecter(Northern Dancer)/Hyperion(Nureyev)

なのですが、母系にRaise a Nativeのクロスがあり、薄くGrey Sovereignが配合されています。距離延長だけが不安ですが、「コース適正群」より「血統適正群」を上位とみました。』

母父Mr.Proで新潟16芝で引き続き松岡を確保したドリームゼニスは勝負度合いが強そうですし、07年のこのレースで自身の本命馬であったガッテンワンは叩き2走目。

両馬も適正内です。

ただし、このレースは先述しているようにゴール板で着差の少ないレースが過去からは予想されるため馬単フォーメーションで広く薄く、複勝などで買いたいレースではあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新潟7レース 1000m直線芝

「適正推奨馬」

サンマルヘイロー

「激走期待馬」

ドナグレース

『もしかしたら人気が逆かもしてませんが、2頭とも激走値が高いです。特に適正推奨馬は母父が優秀です。』

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
現2歳馬情報 にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
一口馬主出資者はどうぞ

2009年7月30日 (木)

小倉記念―血統分析

今週は小倉記念の血統分析です。

もともとはサンデーサイレンス産駒が強いレースでしたが、

サンデー直仔の総数が少なくなりつつある近年、残されたサンデー直仔を中心視することができない現状ですが、近年の好走血統はそのサンデー血統好走群の中で第2群に属していた血統群がそのまま第1群に格上げしたというのが正しい評価でしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

「Grey Sovereign/日本古来の血統の配合馬が中心」

Grey Sovereignの好走例が目立ちます、さらに大きな群にするならNasrullah系統です。

08年3着「母父Grey Sovereign」

07年1着「Grey Sovereign /Grey Sovereign」

07年2着「父Grey Sovereign」

などです。さらには、06年もサンデー直仔の1,2着でしたが3,4着はこの血統です。

まずは、Grey Sovereignに注目しながらというスタンスでいいと思います。

さらに過去好走血統を調べていくと、

80~90年代初めに日本でその産駒が活躍した日本古来の血統の好走が目立つ。これは、小倉が野芝で開催される影響もあるのでしょう。新潟も野芝なので小倉とリンクしているのも納得です。カンファーベストなどが好走しています。

母父としてのタマモクロス、ニホンポロウイナー、メジロマックイーン、チャイナロック、シンザンなどにも注目です。

昨年のドリームジャーニーはどちらかというと母系の好走群が影響した馬であると思います。

上記、血統的特徴のある出走予定馬は、

ダンスアジョイ

ハギノジョイフル/シルバーブレイズ/サンライズベガ/マイネレーチェル/マストビートゥルーなども当てはまる。

特に、マイネレーチェル、マストビートゥルーの母系はおもしろい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2009年7月26日 (日)

キャロットクラブ2009募集予定一覧

請求明細と同封して、募集予定馬一覧なるA4サイズの用紙が同封されていました。

にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主クラブ「キャロットクラブ」へ一口馬主クラブ「キャロットクラブ」
にほんブログ村 トラコミュ POG 2009-2010へPOG 2009-2010
にほんブログ村 トラコミュ +++ 有力2歳馬情報 +++へ+++ 有力2歳馬情報 +++

Uma

SS後継種牡馬が多い

まずは、この印象が一番でした。ちなみにアグネスタキオンはPW配合が多そうです。となると関東入厩の馬がとなりますが、

確実に高そうです。

ダンスインザダークは2頭の予定です。かなり減りました。

その代替先がディープ産駒で今年10頭です。

ディアデラノヴィアの下も今年から父:ディープインパクトです。

まずは、大前提の募集金額/入厩予定の厩舎/そして血統

で1頭選びたいとは思いますが、最近キャロットは出資者が多いので1次希望ださないとダメな感じはしています。

ディープ産駒分析

魅力的な馬が1頭

血統だけで1頭出資したい馬が現状ではいているのですが、

まずは募集カタログとにらめっこです。

キャロット2009募集馬の血統分析はしてみたいと思います。

書こうかなと思いましたが、金額みてからにします、笑。

26日の適正群予想―西日本スポーツ杯/日本海S

西日本スポーツ杯

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

では、適正群予想です。

「血統適正群」

Danzig

ダート好走群のある馬

「コース適正群」

京都12芝

「適正群推奨馬」

ゴールドステイブル

『ゴールドステイブルは、Danzig系統/Mr.Proの配合です。過去人気以上に持ってきている

馬の血統配合馬で、前走京都12芝での好走も後押しします。』

その他では、比較的京都12好走群をもつミスズアロハなど幅広く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本海S

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

適正群予想です。

「血統適正群」

Northern Dancer系統

Nasrullah系統

「コース適正群」

福島20芝/中山20芝など小回りのPWのいるレースや、阪神洋芝24、25

をこなせるPWレース好走馬

「適正群推奨馬」

サンライズベガ

『サンライズベガを推奨馬にしました。結果的にズバリ適正群という馬はいなかったのが本音ですが、アドマイヤベガは母父がGrey Sovereignのサンデー系統、母系はNureyev/Seatlle SlewなのでPW系のNorthern Dancer、Nasrullahを配合しています。小回り20好走歴もありますし、総合力をいう点で最上位です。』

その他ではアサティスボーイ、アグネススターチなどが好走期待馬です。

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
POGはこちら

ちなみに、新潟直線1000mの推奨馬はカネトシバニラです。

函館記念適正群予想

函館記念

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ特集へGO

適正群予想です。

「血統適正群」

サンデー系統/Northern Dancer

「コース適正群」

東京20芝

外回り巧者

「適正群推奨馬」

レジネッタ

『適正群推奨馬はレジネッタ。今年の函館記念は札幌開催ということもあり、札幌記念と函館記念の適正群の違いについて考察した。札幌記念は後の天皇賞好走馬を輩出したりとNorthern Dancer系統が適正群の函館記念とは真逆。天皇賞の東京20芝は一番PW+SP配合馬が好走しやすいレース。

フレンチデピュティ/SSの配合馬で阪神、京都外回り好走歴がある。出走馬の中で一番コース適正群がり、血統適正群も比較的中央よりこの馬を推奨する。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリックお願いします。

その他ではスペシャルウイーク/NTで東京24、京都24外好走歴のあるインティライミなどが好走期待馬です。

2009年7月25日 (土)

25日の適正群予想―北九州短距離/ラベンダー賞

北九州記念

では、適正群予想です。

「血統適正群」

PW寄りのNorthern Dancer系統

Mill Reef中心のNasrullah系統

「コース適正群」

京都1200mなど

「適正群推奨馬」

ゼットカーク

『ゼットカークの配合はSharpen Up/Danzig(Mill Reef)の配合馬です。母系が北九州短距離Sの血統適正群のPW寄りのNorthern Dancer系DanzigにMill Reefなので中央です。問題は父系ですが、Sharpen UpはBlushing Groomと双壁をなす粘りの血統。問題ないでしょう。京都1200mというコース適正群の実績がありませんが、当馬を脅かす適正群をもつ馬までは見当たりませんでした。』

「適論」

適正群推奨馬ゼットカーク中心ですが、リピーターが好走するレースなので、昨年2着のホエールシャークは抑え必要。ゼットカークとの血統面での特徴も同じです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
競馬特集はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラベンダー賞

続いてラベンダー賞の適正群予想です。

「血統適正群」

Northern Dancer系統

ダンスインザダーク

「コース適正群」

地方馬は前走不問

「適正群推奨馬」

ロザガリカ

『地方馬は未知の存在ではあるが、ロザガリカが適正群推奨馬です。函館開催のラベンダー賞はラベンダー⇒函館2歳Sと好走する馬は、過去からも多くみられた。これは函館が洋芝でも札幌より馬場が重たく、荒れ馬場で施行される時期なので地方馬の経験、ダート走破経験が活きるためだと思う。

しかし、札幌開催まで続けて好走した馬は意外と少なく、近年ではイグゼキュティヴ(父チーフベアハート)/インパフェクト(父ナリタトップロード)/モエレジーニアス(父フサイチコンコルド)と芝中・長距離路線で活躍する父を持つ馬だけです。そしてダート適性という面では他の地方馬に劣っているため地方戦で取りこぼしている馬も多い。こういったダート<中距離芝血統を狙うのが地方馬の取捨選択ではないでしょうか。

ロザガリカは、フレンチデピュティ/ダンスインザダークという配合で父母ともに中距離配合です。今回の血統適正群の配合

「適論」

SP豊かな馬の好走も目立つのでチェリーソウマ、Northern Dancer系の影響力の強い配合のエスカーダなどを抑えにしてはどうでしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
競馬特集はこちら

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
POGはこちら

2009年7月22日 (水)

函館記念の血統分析―函館・札幌の違い-

函館記念の血統分析です。

☐☐☐函館記念は、

エリモハリアーが3連覇したイメージ。

エリモハリアーは、

ジェネラス/ブレイヴェストローマンの配合馬で、

Nijinsky/Never Bendです。

洋芝巧者といえる配合で函館ではその適性をいかんなく発揮。

エリモハリアーは札幌記念で成績を落とし、オールカマーで成績を上げた特徴のある馬です。オールカマーは、バランスオブゲーム/ホオキパウェーブなども好走しているように

「Northern Dancer系やSS系統でもPW血統の馬が好走しやすいレース」

従来の函館記念の血統イメージはズバリこれだろう。

☐☐☐札幌記念は、

クイーンSからの連闘で牝馬が連対するイメージ

サンデー系が強いレース

札幌記念の好走馬は牝馬が好走する点からもやはり、キレという点は無視できない。

アグネスアーク、アドマイヤムーン、ヘヴンリーロマンスなどが好走している。

つまり、

「SS系でも外回り向きやND配合馬などが好走しやすいレース」

今開催は札幌競馬場なので、従来の函館記念のイメージよりは、札幌記念のイメージで血統分析する必要がありそうです。

狙いは、東京2000m、京都の外回りで好走しやすい血統配合を持つ、SS系統でしょうか。

中山22芝(セントライト記念/オールカマー)などの好走歴のある馬は軽視するスタンスでいいかもしれません。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
競馬特集はこちら

出走予定馬(出走がほぼ確実な馬)の中で、外回り好走歴があり、天皇賞・秋などで好走しそうな血統背景を持つ馬は、

レジネッタ

1頭です。

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
POGはこちらへ

2009年7月16日 (木)

アイビスSD予想―キルシュブリューテで乾杯―

アイビスSDの予想です。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
競馬特集はこちら

アイビスSDの特徴は、PWのある先行馬がそのまま押し切る競馬が理想。

05~07年まではごくごく簡単に取捨選択するだけで人気薄の◎というよりは▲候補が選択できました。

テイエムチュラサン(前々走の福島12芝)

サチノスイーティー(中山12芝・ダ兼用馬)

マリンフェスタ(チュラサンと同じ)

サンアディユ(ダート先行馬、雨、フレンチデピュティ産駒)

など。

余談ですが、新潟現地で「勝ち馬投票」みたいなのがあって、サンアディユと投票したら、ショウナンパントルのゼッケンが当たり、むちゃくちゃ臭かった苦い記憶とそのゼッケンが今もあります。

ただ、最近はデータ的にもそういった情報が出回っているので、それほど高いオッズにはなりにくい傾向になってきました。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アイビス当てるヒントはこちら

「血統適正群」

Northern Dancer系統

SB

Never Bend

「コース適正群」

福島12芝など

「適正推奨馬」

クールシャローン・アポロドルチェ

「激走期待馬」

キルシュブリューテ

「適正内推奨馬」

ゴスホークケン・サチノスイーティー・シャウトライン

「適論」

上記6頭から枠順、馬場などみて取捨選択します。

「激走期待馬」のキルシュブリューテは、

マンハッタンカフェ/サクラユタカオー

なので全く血統適正群ではありませんが、毎年、上記、適正内の馬をさらに絞り込む考察をする上でスパイスとして重視している項目には「ズバリ」当てはまります。個人的には、「本当にマンハッタンカフェ産駒」と思えるほどのアイビス適正馬です。「来る・来ない」は結果なので「過程」を大切にしたいと思います。

そして人気薄が予想されるので、

3連単、3連複の軸というよりは単勝、複勝で馬券構成するようにします。

3連単、3連複の軸は以外の5頭から、何もなければクールシャローンから。

では、皆さんの馬券ゲットを期待しています。

☆ちぇ~ぴょんさん共に馬券ゲットしましょう☆

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
今週のPOG注目馬 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリックお願いします。

2009年7月15日 (水)

アイビスSD血統分析―好走期待馬編―

アイビスSDの血統分析です。

夏の新潟競馬の名物重賞「直線1,000m芝」です。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
競馬特集はこちら

過去3年の血統的特徴は、

1 PWのあるNorthern Dancere系統の配合馬

2 SB産駒

3 Never Bend系

上記3点が特に注目しておきたい好走血統です。

好走血統にあてはまる出走意志のある馬の中で血統的魅力のある馬は、

クールシャローン

になります。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
競馬特集はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに狙いにくい人気馬は、

カノヤザクラ・アルティマトゥーレ・エイシンタイガーなどがいます。個人的には軽視する予定です。

そして、今回、ぜひ出走して欲しい馬が1頭です。

キルシュブリューテです。

血統面では狙えない血統です。好走血統からは外れます。

しかし、アイビスSDを過去自身が狙って馬券的中できた馬

05 テイエムチュラサン

06 サチノスイーティー

07 サンアディユ

のイメージとかなり被ります。

その馬が好走なら、来年も同じ取捨選択が使えるので、楽しみになります。

まずは除外対象なので、ウインカーディナルには回避してほしいです。

ダイヤモンドSからの距離短縮ですよ。。。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
キルシュブリューテ

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~