« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

青葉賞【2010】予想/クラシックに映える血統

ヴィクトワールピサへの挑戦権をかけて、ダービートライアルです、では考察から予想を展開します。

 

にほんブログ村 トラコミュ 3歳牡馬クラシック路線の競馬予想へ 3歳牡馬クラシック路線の競馬予想

 

にほんブログ村 トラコミュ 第141回 天皇賞(春) GI 攻略へ 第141回 天皇賞(春) GI 攻略

 

素質馬たちがダービーの出走権を懸けて激突!「第17回 テレビ東京杯青葉賞(ダービートライアル)」

☐日本競馬の王道を進む血統を狙いうつ

Photo

過去3年複勝圏内9頭の血統をみると、SS系統(母父SS1頭含む)が6頭、残りの3頭はシンボリクリスエス産駒が2頭、タニノギムレット産駒が1頭です。シンボリクリスエスやタニノギムレットはSS直仔全盛時代のダービーで連対、天皇賞・秋を制した馬です。

すなわち9頭全てがクラシックの最高峰である東京優駿(ダービー)で好走できる下地のある血統です。この点は注目したい血統傾向です。

そして、SS系統は6/6頭全てに対配合でNDが配合されており、Nasrullah⇔NDの配合馬が良く好走します。SS系統以外の馬ではシンボリクリスエス産駒2頭は対配合にNasrullah配合でキレを増し、タニノギムレット産駒はギムレット自体がCaroからくるNasrullahのキレを活かした馬でした。

☐皐月賞をパスした馬か2000m以上の実績のある馬

青葉賞の好走パターンをみると、まずは「ダービーへの意識」の高い馬が順当に本番へ進む傾向があります。過去3年の勝ち馬は全て皐月賞をパスした前走、重賞好走馬で、複勝圏内9頭中8頭に2000m以上の実績のある馬でした。

アプレザンレーヴ 毎日杯3着
アドマイヤコマンド 毎日杯2着
ヒラボクロイヤル 毎日杯2着

『上記適正の合致する馬』

ペルーサは「若葉S」快勝の後、藤沢厩舎のシンボリクリスエスやゼンノロブロイのように皐月賞をパスしてダービー路線に絞った路線を選択した。血統面でもSS後継種牡馬であるゼンノロブロイの初年度産駒。母系にNDは内包されるが母系Blushing Groomの対配合という点が気にはなるが、大きく崩れることはないとみたい。

ハートビートソングもゼンノロブロイ産駒で、母父Nasrullah配合馬。この馬も母系に薄くND内包でNasrullah/ND配合です。阪神2400mを上がり断然で走破した馬で狙いは立てやすい。

あとは、「SS/Nasrullah(ND)」が根幹4系統でしっかり配合されているエクセルサス。母父SSでエクセルサスを前走、同着のロードオブザリングなどには注目したい。SS系統以外でダービーで好走した父を持つのはキングカメハメハ産駒のトゥザグローリーとトウカイテイオー産駒のコスモエンペラーの2騎。キングカメハメハはNDとNasrullahの配合馬で母父SS、少しダート向きのようにも思いますが、押さえてもいいとは思います。

 

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

ペルーサ・ハートビートソング

エクセルサス・ロードオブザリング

 

にほんブログ村 トラコミュ 血統馬場適性と競馬予想へ 血統馬場適性と競馬予想

 

にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ にほんブログ村

 

2010年4月29日 (木)

天皇賞・春【2010】血統分析/大きな偏りを見せる系統

天皇賞・春【2010】血統分析です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第141回 天皇賞(春)(GI)へ 第141回 天皇賞(春)(GI)

 

にほんブログ村 トラコミュ 天皇賞(春)穴馬予想へ 天皇賞(春)穴馬予想

 

Northern Dancer系統への変化

2010

過去3年複勝圏内9頭の血統を分析すると過去3年以前との変化がみてとれます。

特に顕著なのは父系で、ND統が6/9頭と断然です。それ以前の血統ではディープインパクト、リンカーン、ストラタジェムで決まった2006年、スズカマンボが制した2005年などSS系統が断然でしたが、ほぼSS直仔なのも特徴です。

母系はLyphardやSadler's WellsといったND系統が多いですが、この点は変化なしです。

天皇賞・春の特注血統

まずは、Lyphardを配合している馬です。

メイショウサムソン(母父Lyphard)が07年1着、08年2着です。その07年人気薄で2着に飛び込んだエリモエクスパイアも母父Lyphard、2008年3着のアサクサキングスも父Lyphardです。かつてはリンカーンやディープインパクト、イングランディーレも配合されています。

『2010年の配合合致馬』

トーセンクラウンはメイショウサムソンと同じ、「オペラハウス/Lyphard」の配合です。メイショウベルーガも好走実績の多い「ND系統/Sadler's Wells」、あとSS直仔であるエアシェイディ

 

にほんブログ村 トラコミュ 重賞レース回顧へ 重賞レース回顧

 

2010年4月27日 (火)

天皇賞・春【2010】昨年の把握

近代日本とともに歴史を積み重ねてきた伝統の一戦!

「第141回 天皇賞(春)」

 

にほんブログ村 トラコミュ データで競馬へ データで競馬

 

にほんブログ村 トラコミュ 競馬レーティング&指数へ 競馬レーティング&指数

 

まずは、2009年の特徴を把握します。

ラップ

前半1000m 60.2

後半1000m 59.0

と速めの展開ながらに中盤もそれほど緩まずラスト3ハロンに差しかかるまでの中盤1000mを63.6で走破。

展開振り返り

スタート後、テイエムプリキュアが先手を主張したが、ホクトスルタンが奪い返す展開、なおかつシルクフェイマスが捲り先頭と全くペースが緩まない展開。2周目でアサクサキングス、スクリーンヒーローが仕掛ける。4角で内の好位から抜け出したマイネルキッツと、外から差しにかかったアルナスラインの追い比べの結果、マイネルキッツが12番人気の低評価を覆し天皇賞を制したレース。

2010年への注目点

ほぼ緩むことなく展開されたレース。逃げ馬であるホクトスルタンには辛い競馬、単騎が予想される今年は昨年の惨敗で評価を落とす必要はなく、マイネルキッツは松岡騎手の枠順確定後、レース後コメントから見ても「内枠」がベター。枠には注意が必要になります。

 

にほんブログ村 トラコミュ Mの法則、Vライン、金満、血統ビームへ Mの法則、Vライン、金満、血統ビーム

 

にほんブログ村 トラコミュ 血統馬場適性と競馬予想へ 血統馬場適性と競馬予想

 

青葉賞【2010】血統分析/血統配合から見る適性

ダービーに向けての重要トライアル、青葉賞で人気が予想される馬の血統分析です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 天皇賞春で最大の伏兵馬は?へ 天皇賞春で最大の伏兵馬は?

 

にほんブログ村 トラコミュ 第17回 青葉賞(GII)へ 第17回 青葉賞(GII)

素質馬たちがダービーの出走権を懸けて激突!

「第17回 青葉賞(ダービートライアル)」 

ペルーサ ゼンノロブロイ Blushing Groom(Hyperion)

軽めのSS後継種牡馬であるゼンノロブロイは母系の血統が大きく影響するマンハッタンカフェ産駒などと同じ分類と「フローラS」の血統分析でも述べてきました。ペルーサは母系に「Blushing Groom/Hyperion」です。Blushing GroomはNasrullah系統でも一番融通のきく血統で良い脚を持続的に使える粘り強さを全面に出す血統(新潟1000mでも好走群があります)、そこに底力のHyperionを配合しています。ここに軽めのSS系統なので総合的にバランスが良い配合。東京2400mはベストの分類ですが、どんなコースでもどんなペースでも個の力は発揮できるタイプでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハートビートソング ゼンノロブロイ Grey Sovereign(Mr.Pro)

母系に「トニービン/Mr.Pro」の配合で、外回り向きです。ペルーサとの違いは母母系統がMr.ProになりHyperion配合のペルーサよりは底力に劣る点で、距離も短め、東京1800mあたりがベターな配合。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トゥザグローリー キングカメハメハ SS(Nureyev)

キングカメハメハはMr.Prospecter系統ですが、ラストタイクーンの「ND/Nasrullah」配合ととらえています。この配合はいかに母系にNasrullahを配合するかが重要ポイントですが、トゥザグローリーは母父SSでも対配合がNureyevなのでPW要素が強くベストは小回りを先行して粘り込むタイプです。東京のように広い馬場だと尚更、先行しないと厳しいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エクセルサス スペシャルウイーク Grey Sovereign(ND)

重ためのSS系統であるスペシャルウイーク産駒は、母系にNorthern DancerならCaerleonやNasrullahであればCaroなどのその系統であれば軽めの配合をするのが理想。エクセルサスは母系にCaro/ND配合です。スペシャルウィークはSS系統の中では少しSP不足なので、よりSTのいる長めの距離で走らせたい配合馬。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミカエルビスティー ネオユニヴァース Storm Cat(Hyperion)

稍重の皐月賞・ダービーの2冠馬であるネオユニヴァースはPW要素の強いSS後継種牡馬です。母系もPW要素の強い配合なのでベストは中山1800m戦でしょう。ただしこの配合なので馬場が渋れば上昇。

上位人気馬の血統配合では

人気が予想されるペルーサは優等生タイプで万能型、距離が延びてこそという馬はエクセルサスです。ペルーサ崩しではスローペースになったときの東京1800mベストのSP型であるハートビートソング。トゥザグローリー、ミカエルビスティーはPW要素が強いので東京2400mでは厳しいかとは思います。あとは青葉賞というレースを考察しての結果になりますが、血統配合的には上記評価でしょう。

 

にほんブログ村 トラコミュ ラップタイム馬券術へ ラップタイム馬券術

 

2010年4月25日 (日)

Umajinメルマガ紹介/カテンゲッチ(ハナランマン08)記事

Umajin様メルマガのカテンゲッチ(ハナランマン08)の記事を紹介

 

にほんブログ村 トラコミュ POG(2010-2011)情報へ POG(2010-2011)情報

 

Umajin様のメルマガはこちらより登録できます。

      ★★★【UMAJIN-POG】メルマガ 4/8 号 ★★★ 

[UMAJIN-POG]→→→ http://uma-jin.net/ad/p11.html

地獄モードファン必見、スズカマンボ産駒!

先週に引き続き、今週もノーザンファーム空港から新種牡馬産駒についての情報。
今回は穴っぽさ満点のスズカマンボ産駒だ。産駒は同場に1頭しかいない
ということで、比較はつかないそうだが、事務局の並木芳和さんは「天皇賞・春の
勝ち馬ですし、やはり産駒も中距離以上で距離を延ばしていって活躍してくれそう
です。この馬は馬体がいいので、全体的にもいいんじゃないでしょうか」とコメント。
その馬というのがこちらだ。

───────────────────────────────────
ハナランマンの08

牡 父 スズカマンボ 母父 サクラユタカオー
鹿毛 4月7日生まれ 485キロ
馬主 キャロットクラブ 栗東・鮫島厩舎

Hanaranman08_14


並木さんは「こちらに移動してきた当初から馬体の目立つ1頭で、品評会に
出したいくらい。バランス、ボリュームと非の打ちどころがありませんね。
こちらへの入場自体は遅かったので、最初は他馬よりもゆっくり進めていた
のですが、ここにきて一気に遅れをとり戻してきました」と話す。

現在は坂路でハロン16-17くらいをやっているとのことだが、「動きも
調教のペースもどんどん良くなっています。軽快でキレイなフットワークを
していますし、馬体の良さに加え、最近の良化度合いからも楽しみな存在に
なってきました」と順調な様子。

また、この馬の母ハナランマンにはひとつエピソードがある。2000年2月に
宮城・山元トレセンで火災事故が発生したことがあった。焼死した馬も出た
火災となってしまったのだが、ハナランマンはその中で奇跡的に自ら炎を
避けて逃げ延びた1頭だった。「生命力があるというか、母は気持ちの強い
馬なんだと思います。ひとつ上の兄も同様なところがありましたが、この馬も
気持ちが強い。精神的な悪い影響などはなく、その強さが走る方に向いていますね」

馬体や動きの良さはもちろんだが、そういった境遇も含めて応援したくなる
1頭ではないだろうか。
======================================================================

 グラスワンダーの担当厩務員だった大西美昭!彼が指名した勝負馬を大公開!
    空メール送信で無料配信→ fd022@jc-club.net

======================================================================
───────────────────────────────────
※Webサイト上でも最新3歳馬情報を公開中です!!
http://uma-jin.net/ad/p11.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [POG mail magazine] ◆

― UMAJIN公式サイト UMA-JIN.net ――――――――――
URL : http://uma-jin.net/

という記事です。もう2010-2011POGのシーズンかという感じがしますが愛馬が紹介されるとうれしいものです。

2010年4月24日 (土)

フローラS・アンタレスS【2010】予想/好走馬の共通点

第45回 フローラステークス(オークストライアル)

 

にほんブログ村 トラコミュ フローラステークス(GII)へ フローラステークス(GII)

 

にほんブログ村 トラコミュ Mの法則、Vライン、金満、血統ビームへ Mの法則、Vライン、金満、血統ビーム

 

狙いを定めて、出走権を取りに来た馬から激走を期待できる馬へ

このトライアルから本格的に中距離の牝馬戦線の開幕です。過去3年複勝圏内9頭の傾向をみるとまずフラワーC惜敗組の巻き返しに注目です。

2009 ディアジーナ(フラワーC2着)

2008 レッドアゲート(フラワーC2着)・カレイジャスミン(フラワーC6着)

そして、ほとんどの好走馬が東京、京都外1600mを含め2勝以上している馬で、1勝馬では特別戦で差のない競馬実績のある馬などが注目点ですが今年はそういった類の出走馬が少ないので1勝馬でも複勝圏内への飛び込みがありそうです。

SS系統中心に、「PW血統/STの強いND系統」

父系にSS系統を配合している馬が5/9頭、母系はND系統が5/9頭好走しています。まずはこの系統を配している馬からにはなりますが、在来血統も活躍しているので大きく偏る必要はなさそうです。

上記傾向に該当する馬

サンテミリオンはフラワーC3着からの参戦で、血統面では「SS系統/ND系統」の配合。新馬戦で東京1600mを差し切った実績などがあればほぼ鉄板だったのですが、中山実績しかないのはナイナス点。ベストクルーズやブルーミングアレーは後のG1好走馬と接戦実績があります。狙いは立つのですが、人気が予想されます。

人気薄の推奨としてはメイショウスズラン、アスカトップレディ、マイネアロマ、ディミータを。

メイショウスズランは1600m戦で常に上がり最速で競馬している点。クイーンCも降着馬の不利を受けた競馬、終いにかける競馬で上昇。アスカトップレディも同じ傾向、マイネアロマはPW系統の父に母系トニービン配合で黄菊賞2着もあります。ディミータも「SS/ND」配合馬です。

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

サンテミリオン

メイショウスズラン、アスカトップレディ、マイネアロマ、ディミータ

Sanntemirion

第15回 アンタレスステークス

 

にほんブログ村 トラコミュ 血統馬場適性と競馬予想へ 血統馬場適性と競馬予想

 

にほんブログ村 トラコミュ 第15回 アンタレスステークス(GIII)へ 第15回 アンタレスステークス(GIII)

 

SS系統の不振、先行できる馬を中心に

過去3年複勝圏内9頭の血統面での特徴はSS系統が1頭(母父SS)しかいない点。そして母系にNDがいない点です。昨年はMr.Prospecter系統が1~3着を独占しました。血統面では、

父系統・・・Mr.Prospecter(4/9頭)、Roberto(3/9頭)、ND(2/9頭)

母系統に偏りはありませんがST色の強い系統が多いです。

過去の好走馬は好位で競馬できる馬が直線で抜け出しをはかった馬が多く、平安Sで差しこんで好走した馬が凡走しやすいレースでもあります。

上記傾向に該当する馬

ダイショウジェットは「Mr.Prospecter/Never Bend」の配合。平安Sで負けている点も逆に好印象でアンタレスSは前進できる舞台。フサイチピージェイも血統もまずまずで阪神2000m実績があります。この2頭とトランセンド、クリールパッション、フサイチセブンの構図。

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

ダイショウジェット

フサイチピージェイ

トランセンド、クリールパッション、フサイチセブン

Torannsenndo

 

にほんブログ村 トラコミュ 今週の激走!穴馬へ 今週の激走!穴馬

 

2010年4月23日 (金)

福島牝馬S【2010】予想/18芝が適距離の馬

第7回 福島牝馬ステークス 予想

 

にほんブログ村 トラコミュ 福島牝馬ステークス(GIII)へ 福島牝馬ステークス(GIII)

 

にほんブログ村 トラコミュ フローラS 攻略へ フローラS 攻略

 

1800m実績のある馬中心に

過去3年の複勝圏内9頭の馬の好走したレースの特徴をみると、格は度外視できます。福島1800m戦で好走実績のある馬中心に当該距離と同じ1800mで好走している馬に狙いが立ちます。

2009 ブラボーデイジー 三春駒特別2着
2008 マイネカンナ 中山牝馬S 2着
2007 スプリングドリュー ニューマーケットC勝ち

上記は過去3年勝ち馬の注目したい戦績です。

血統面ではサンデー系統が優勢も、在来血統の存在も光る

Photo

過去3年複勝圏内9頭の血統面での特徴は、サンデー系統に偏っています(父系では4/9頭、母系では3/9頭)。そして、注目したいのはメジロマックイーンやサッカーボーイ、ディクタスなどの血統。

ヤマニンメルベイユやマイネカンナ、フラッグシップなどです。

『2010年上記傾向に該当する馬』

コロンバスサークルは1800m戦で3勝の実績があります。そして常に上がり最速で走破する走力があり、外枠。血統面でも母父SSと過去好走血統に該当します。2008三春駒特別での接戦を演じたブラボーデイジーチェレブリタも有力。ウエディングフジコもSS系統で前走が中山牝馬S2着。Fine Top内包の1800mローズS勝ちのあるマイネレーチェルまで。

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

コロンバスサークル・マイネレーチェル中心に上記該当馬

 

にほんブログ村 トラコミュ 第15回 アンタレスステークス(GIII)へ 第15回 アンタレスステークス(GIII)

 

にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ 今週の重賞・メインレースの予想

 

2010年4月20日 (火)

フローラS血統分析【2010】サンテミリオンなど

フローラSの出走予定馬の血統分析です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 3歳牝馬クラシック路線の競馬予想へ 3歳牝馬クラシック路線の競馬予想

 

にほんブログ村 トラコミュ フローラS 攻略へ フローラS 攻略

 

にほんブログ村 トラコミュ POG情報へ POG情報

 

新種牡馬ゼンノロブロイ産駒の分析

アグネスワルツ 白菊賞勝ち馬

父:ゼンノロブロイ

母父:ヘクタープロテクター

軽めのSS後継種牡馬であるゼンノロブロイは母系の血統が大きく影響するマンハッタンカフェなどと同じ分類でしょう。当馬は「ヘクタープロテクター/ノーザンテースト」の母系配合なのでPWSPによっているタイプ。中山16や京都20芝を先行して粘りこむタイプの馬でしょう。

サンテミリオン フラワーC3着

父:ゼンノロブロイ

母父:ラストタイクーン

父系の特徴はアグネスワルツと同じです。母系が「ラストタイクーン/Garde Royale 」の配合でMill Reefのクロスになります。キレを発揮できる配合なので東京、京都の外回り向きで母系のラストタイクーンからも16-20がベストの距離。オークスの2400mでは長いと思います。東京2000mでスローであればこのメンバーならほぼ鉄板級。

ニーマルオト 黄梅賞1着

父:ゼンノロブロイ

母父:Storm Cat

母が「Storm Cat/Raise a Native系」はダートでも走れるPW系配合なので特別戦の勝ち鞍通り、中山16芝ベター。

ゼンノロブロイ産駒以外の有力馬

ベストクルーズ フラワーC4着

父:クロフネ

母父:サンデーサイレンス

母父サンデーの特徴はSPはあるが、父:サンデー系よりもPWに偏る点。さらに母父サンデーの対配合がDamascusなのでこちらもダートを直線的に走る血統。血統配合のイメージは“よりPWに偏った母父SS”です。馬場が渋ったり、ハイペースで先行すれば面白いと思いますが本質的には距離延長はマイナス、インパクトには欠けます。

マナシュケーダ 君子蘭賞6着

父:アグネスタキオン

母父:ラストタイクーン

「SS/ラスト(Nasrullahクロス)」という括りではサンテミリオンと同じですが、この馬は父:アグネスタキオン、母母父にBold Ruler/pincequilloです。これだけPW色が強くなると距離適性は短めにシフトするので阪神14芝・ダで差し切るタイプの馬でしょう。

マイネアロマ 黄菊賞2着

父:ロージズインメイ

母父:トニービン

東京でパフォーマンスを挙げるトニービンを母父に持ち、その母系の対配合はPrincely Giftなので母系配合は軽い馬場で瞬発力を発揮するのが得意な配合。ここにロージズインメイを配合したのがマイネアロマです。ロージズインメイはDevil's Bagが父なのでダートで好走しやすいPWを伝えるようにみえるのですが、実際はprincequilloなどが入るのでシンボリクリスエスやキングカメハメハと同じように母系にNasruulahを配合すると芝向きになる印象です。東京2000mは走れる舞台でしょう。

ブルーミングアレー クイーンC5着

父:シンボリクリスエス

母父:Mr.Prospecter

シンボリクリスエス産駒で東京や京都を上級戦でこなすのは、対配合にSPのある配合をしている馬がほとんどです。当馬は「Mr.Prospecter/Sadler's Wells」なので、SPのある配合ではありません。本質的にはダート変わりで一発を狙いたい配合で、東京ではSP不足の感はあります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 天皇賞春で最大の伏兵馬は?へ 天皇賞春で最大の伏兵馬は?

 

2010年4月18日 (日)

carrot club【2歳馬の近況】カテンゲッチ/鮫島厩舎とは

カテンゲッチ(スズカマンボ/サクラユタカオー) 牝2歳 鮫島厩舎

にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主クラブ「キャロットクラブ」へ 一口馬主クラブ「キャロットクラブ」

 

にほんブログ村 トラコミュ POG情報へ POG情報

 

にほんブログ村 トラコミュ 2歳戦(新馬/未勝利/500万下/オープン)へ 2歳戦(新馬/未勝利/500万下/オープン)

 

Hanaranman08_13

久しぶりの2歳愛馬の更新です。

昨年はティアレの入厩にワクワクしていたのですが、今年は少しゆっくり様子見できる状況です。良し悪しですが。

まずは、キャロットクラブ様の公式コメントより転用

現在は900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で毎日1本元気に駆け上がっています。また、週に2日は登坂本数を2本に増やしています。動き・気性ともに高水準にある一頭ですが、まだトモに緩さが残りますので、今後のペースアップは慎重に行い、じっくり乗り込むことで基礎体力を養っていきます。(10/3/31 NF空港)

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で毎日1本元気に駆け上がっており、週2回は登坂本数を2本に増やしています。ハロン16秒の開始から徐々に体が引き締まってきており、動き自体にも素軽さが出てきています。もう少し体がパンとしてくるのを待ちつつ、しばらくは現在のペースで乗り込んでいきます。 (10/3/31 NF空港)

現時点での公式コメントで怪我や体管の問題などは出ていないので悪くないです。冬場に一定の調教量で体力作りをしてきた甲斐があり、比較的順調にいっているのではないでしょうか。

入厩予定先:鮫島厩舎の特徴

鮫島厩舎の代表馬

シルクフェイマス・マコトスパルピエロ・ソルジャーズソング

鮫島厩舎の年度別成績

Photo_2

06年4位、07年14位、08年7位ときましたが、昨年は43位と成績を下げました。

鮫島厩舎の主戦騎手

安藤勝騎手が多く騎乗しています。

ホワイトピルグリム・レインボーペガサス・マコトスパルピエロなど

昨年のティアレからもう1年が経つのかと思います。6月からの2歳馬デビューに向けて調教も「量」、そして「質」を求めるようになってきます。カテンゲッチもまずは無事にメイクデビューを目指してほしいです。

2010年4月17日 (土)

皐月賞【2010】予想/08、07年の流れを想定

クラシック三冠の第1関門!「第70回 皐月賞」 

 

にほんブログ村 トラコミュ 第70回 皐月賞(GI)へ 第70回 皐月賞(GI)

 

にほんブログ村 トラコミュ JRA競馬予想へ JRA競馬予想

 

にほんブログ村 トラコミュ 指数を使った競馬予想へ 指数を使った競馬予想

 

では皐月賞の考察、予想です。

『SS系統、Roberto系統』+『ND、Nasrullah系統』

Photo

過去3年複勝圏内9頭の血統面での特徴は、

父系統では、SS系統が4頭(全て母系ND)、Roberto系統が3頭を占めます。Turn toという括りで考えると7/9頭を占めます。一方、母系統はND系統が3頭、Grey Sovereign系統、母父SSが2頭を占めます。Grey Sovereignは全てトニービンです。Mr.Prospecter系統配合馬に好走実績がないのは注目点です。

 

-注目の配合-

SS系統 ND系統

ヒルノダムール、ガルボ

Turn to系統 ND⇔Grey Sovereign配合馬

ネオヴァンドーム

母父SS系統 皐月賞主要3系統で構成されている馬

ローズキングダム、ダイワファルコン、アリゼオ

 

『トライアルからの参戦馬が優勢』

弥生賞組で1~3着を独占した08年は筆頭に皐月賞トライアルからの参戦馬が8頭を占め、残りの1頭は人気で3着に敗れたフサイチホウオー(共同通信杯1着から)のみ。

『16、1800m瞬発力+小回り実績』

過去好走馬の多くは東京や、京都でも非凡な瞬発力を発揮してきた馬です。この点は皐月賞の流れが08、07年のように中盤で落ち着くと重要度を増します。

キャプテントゥーレ(デイリー杯勝ち)、タケミカヅチ(デイリー杯2着、共同通信杯2着)、サンツェッペリン(百日草特別2着上がり最速)、他。

 

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

ローズキングダム・ヒルノダムール

ガルボ・アリゼオ

Rozukinngudamu

 

ローズキングダムは母父SSの血統で父がキングカメハメハなのでND/Nasrullah配合。東京1800mや京都1800mでの軽い瞬発力レース実績のある小回り巧者、トライアルからの参戦は後押しできる材料が豊富。

ヒルノダムールは万能型SSのマンハッタンカフェ産駒にND配合馬。こちらも京都1800m、小回り実績のある馬。きれいな「SS/ND」配合馬で有力候補。

あと期待できそうな馬は、

ガルボ(SS/ND配合馬でシンザン記念勝ち)など。

アリゼオ(共同通信杯3着+スプリングS勝ち、母父SS系統)

※キングカメハメハはMr.Prospecter系統ですが、以前より述べているように母系の影響を伝える馬、『Kingmanbo/ラストタイクーン』なのでラストタイクーンの『ND/Nasrullah』をとらえています。

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~