« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

鳴尾記念【2010】分析/過去アクシオン・Sメガワンダー・Dガードナー推奨中

鳴尾記念の分析です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第63回 鳴尾記念(GIII)へ 第63回 鳴尾記念(GIII)

 

SS系統が優勢なレース

過去3年複勝圏内10頭のうち、8頭がSS系統(母父SS系統含む)です。

2009 1着:アクシオン “SS/Northern Dancer”
2008 1着:サクラメガワンダー “グラスワンダー/SS(NT)”
2007 1着:ハイアゲーム “SS/Ribot”

です。ちなみに2006年もサクラメガワンダー制しています。

そして残りの2頭を占めるのがNorthern Dancer系統(08年:2着ナムラマース、07年:2着エイシンデピュティ)になります。但し、阪神改修後の鳴尾記念でSS配合馬が4年連続制している点は十分加味しながら、その中でも違う側面から「好走馬に持つ同質の特徴」をスパイスに軸馬を導くことができるかが重要だと考えています。

京都1600‐1800m戦で上がりのかかる競馬好走馬

京都競馬で好走できるSP、上がりのかかる競馬を好走しているPWが重要になるレースで、この点が過去好走馬が持つ同質の特徴になります。昨年のアクシオンは八坂S、サクラメガワンダー:カシオペアS、ドリームガードナー:シンザン記念などが同質でしたが、他にもナムラマース、エイシンデピュティなども合致します。

2010年出走馬では『SS系統』を中心に、『京都1600‐1800m戦・・・』をスパイスにして軸馬を選定していくことになります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 鳴尾記念 データ攻略へ 鳴尾記念 データ攻略

 

にほんブログ村 トラコミュ ジャパンカップダート データ分析へ ジャパンカップダート データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ ステイヤーズS!検討へ ステイヤーズS!検討

 

2010年11月29日 (月)

ジャパンカップダート【2010】分析/血統分析

阪神開催3年目のジャパンカップダートです。

過去好走血統から狙い馬を導ければと思っています。

 

トラコミュ 第11回 ジャパンカップダート(GI)

 

トラコミュ ジャパンCダート2010攻略

 

-血統配合での特徴-

Jcd

阪神開催変更後の2年をみると、共にSS系統が制しています。(父に限定すると複勝圏内3/6頭ですが、母父も含めると5/6頭です)

SS系統よりもPW要素の強い母父SSや対配合にDeputy MinisterやDanzig、ブライアンズタイム配合というようにPWSPが求められていることだと捉えらることができます。

【2010】年出走予定馬の中での注目馬は

オーロマイスター 

『ゴールドアリュール/Roberto(Mr.Prospecter)』

シルクメビウス

『ステイゴールド/Danzig』

になります。

 

トラコミュ ジャパンカップダート

 

2010年11月26日 (金)

ジャパンカップ【2010】予想/対ブエナ、逆転の可能性は

日本競馬の最高峰レースといえば東京競馬場で開催されることが多く、2400m戦の東京優駿、優駿牝馬、ジャパンカップ2000m戦の天皇賞・秋などがそのレース。

今週のJRAメイン競走はその一つであるジャパンカップです。

日本発!歴史に刻むワールドタイトル 

 

にほんブログ村 トラコミュ 第30回 ジャパンカップ(GI)へ 第30回 ジャパンカップ(GI)

 

-考察、狙い馬-

 

過去3年複勝圏内9頭の血統配合を見ても大きく偏った血統傾向ではありません。Roberto系統、SS系統、Mr.Prospecter系統、Northern Dancer系統など様々です。

そして年ごとにラップ面でも様々で、究極の持久力レースになった2009年のジャパンカップは2:22.4で写真判定の決着。まるで1600mや2000m戦のHペースをみているような「持久力競馬」でした。逆に2008年や2007年などは上がりが33秒台で決着する「上がり競馬」でした。

 

圧倒的人気のブエナビスタの血統配合をみると重賞馬の兄2頭とは違い父がスペシャルウイークになっている点が注目で、兄のようにSPを全面に出す軽い配合馬ではなく、ST系SS後継種牡馬のスペシャルウイークの底力を全面に出す競馬に向いています。今年のジャパンカップが仮に「淀みなくながれSTやSPといった全体の総合力を求められる競馬」になれば、それはブエナビスタが崩れることは最も考えにくいということになります。

そしてそういった総合力が求められる展開が希望な外国参戦馬もブエナビスタにSPでは圧倒されるので逆転は考えにくく、ナカヤマフェスタ、ヴィクトワールピサも同様です。

では、対ブエナビスタの狙いを考えると、それは一点です。

直線だけの競馬」になるかどうか。

そうなった時は超Sペースで展開した今年のダービー1,2馬であるエイシンフラッシュ、ローズキングダムに食旨が向くのですが、前者は真の長距離血統、後者は母父SS系統である点がネックです。

ブエナビスタ逆転を考えるのであれば、日本競馬界で一番SPのあるSS系統でも軽いタイプで母系根幹が非Northern Dancer配合馬、1800~2000m向きの馬になります。

 

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

ペルーサ

Perusa

逆転の可能性が一番高い出走馬はペルーサです。

ペルーサの血統配合は、軽めのSS後継種牡馬であるゼンノロブロイに母系:Nasrullah系統のBlushing Groomを配合しています。父のSP比較では『ゼンノロブロイ>スペシャルウイーク』と捉えており、母系に重たい血統が配合されていない点も今回、逆に狙いやすい点として捉えています。非Northern Dancer配合馬の軽さ、SPだけが全面に押し出されるような展開でのブエナ逆転に期待します。

 

馬券は『ペルーサ⇒ブエナビスタ』1点で構成します。逆に、レース展開が総合力を求められる展開になればペルーサは2400m戦で非Northern Dancerなので馬群にいる可能性は高そうです。

 

にほんブログ村 トラコミュ ジャパンカップ攻略へ ジャパンカップ攻略

 

にほんブログ村 トラコミュ ジャパンカップ データ分析へ ジャパンカップ データ分析

 

京都2歳S【2010】適性の把握/真逆の存在

京都2歳Sの予想です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 2歳戦(新馬/未勝利/500万下/オープン)へ 2歳戦(新馬/未勝利/500万下/オープン)

 

今年出走する馬の中でヴィジャイ、ダノンバラード、レッドセインツは流行の『ディープインパクト産駒』。そしてこの時期の2歳戦で人気になる馬はほとんどが速い上がりを出した馬になります。

今年の出走馬を見ても、そういったSペースからの瞬発力レースで好走した馬が多く人気になるであろう、専門誌の馬柱です。出走馬の中で2頭、勝ち上がりの競馬に他の8頭(厳密にいえば前走ダート戦以外の6頭)とは真逆のレースをした馬がいます。

ゴールドブライアン、ダーズンローズ

そしてこのレースの狙い馬は『持久力を要求される競馬』で粘りを見せた馬です。

Dazunnrose

ゴールドブライアンはSS/Robertoの配合で小回り向きのPW配合で、京都2000m戦の残り1200mを「12.1‐12.4‐12.3‐11.8‐11.7‐12.0」と平均ラップを刻んだレースを勝ち上がった馬です。

ダーズンローズも京都1600m戦を「47.7‐47.7」と差のないラップを制しています。血統配合もSS系統にLyphard配合なので前受けで好走しやすいタイプ。内回り2000mの好走配合と合致します。共に流行のディープ産駒出ない点で人気もなさそうです。

昨年、ヴィクトワールピサにラスト4ハロンを「11.4‐11.2‐11.2‐11.8」と持久力が要求されたような展開が理想的です。この2頭からの馬券構成にします。

 

にほんブログ村 トラコミュ ジャパンカップ攻略へ ジャパンカップ攻略

 

にほんブログ村 トラコミュ ジャパンカップ データ分析へ ジャパンカップ データ分析

 

2010年11月22日 (月)

ジャパンC【2010】分析/関連記事

ジャパンカップの関連記事の紹介です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第30回 ジャパンカップ(GI)へ 第30回 ジャパンカップ(GI)

 

20091

昨年、ウオッカとオウケンブルースリの激戦の回顧を読みなおし今年の糧になればと。

「ジャパンカップ【2009】回顧/淀みなくマイル戦のようなラップ」

人気、ブエナビスタの血統配合を分析した記事です。

「ブエナビスタ研究【適性】厩舎のレース選択に興味」

3歳馬血統分析/日本ダービー時の分析。

「東京優駿【ダービー2010】簡易血統分析/過去最高レベル」

ローズキングダム血統分析/昨年時の分析。

「【POG回顧】ローズキングダムは中山巧者か!?」

 

にほんブログ村 トラコミュ ジャパンカップ攻略へ ジャパンカップ攻略

 

2010年11月21日 (日)

マイルチャンピオンS【2010】予想/政権交代なるか

世界の強豪がしのぎを削る淀のマイル王決定戦!

 

にほんブログ村 トラコミュ マイルチャンピオンシップへ マイルチャンピオンシップ

 

Photo

-血統面での特徴-

【父系統】の特徴は2007年のダイワメジャーが制した時まで、SS直仔が絶対的存在感を示してきたのが当レースです。しかし、2008‐2009年の複勝圏内述べ6頭のうちアドマイヤベガ産駒が1頭、フジキセキ産駒が1頭と信頼感は薄れてきています。

【母系統】は2007‐2008年で変わることなく母系統Northern Dancerが優勢

血統からの取捨選択ではこの「母系統Northern Dancer」が注目になります。

-レース実績での特徴-

東京1800m戦や2000m実績のある馬が狙い目。前後半が極端になることの少ないレースなので後ろ過ぎない位置取りができ、速い上がりを駆使できる馬から入るのがベターな点からも出来ればそういったレースを差し切った馬を狙いたい。

『カワカミプリンセスを府中牝馬Sで差し切ったブルーメンブラッド』や『ウオッカを毎日王冠で差し切ったカンパニー、スーパーホーネット』など

-狙い馬-

母系にNorthern Dancerを配合している出走馬は5頭(ファイングレイン・ジョーカプチーノ・マイネルファルケ・ガルボ・ゴールスキー)になりますが、この5頭に1800m実績が必要なのですが、残念ながら1800m実績のある馬はいませんでした。

しかし上記5頭には注意が必要で、特にガルボは前走の富士Sが休み明けを先行して3着でした。1400m通過が1:20.6と速いラップを刻んでおり展開次第では見せ場十分でしょう。

1800m戦や2000m戦を好位から差し切っている馬は2頭います。

トゥザグローリーとショウワモダンです。

血統面での後押しがない点は気になりますが、トゥザグローリーの父:キングカメハメハは母系の影響を後押しする配合。キングカメハメハ産駒に関しては母父SSがこのレースに直結するのではないでしょうか。Nureyevのクロスもあり本来マイルベターでなおかつ馬場に力のいるきさらぎ賞向きのタイプ。土曜日にレインボーペガサスが3着に飛び込んできた点からも馬場傾向を判断しました。

ショウワモダンは血統面でNorthern Dancerが配合されていない点が不安ですが、メイSでHラップで逃げたシルポートを差し切ったレースが優秀です。

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

トゥザグローリー・ショウワモダン・ガルボ

母父ND配合馬など

 

にほんブログ村 トラコミュ マイルチャンピオンシップ データ分析へ マイルチャンピオンシップ データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 第27回 マイルチャンピオンシップ(GI)へ 第27回 マイルチャンピオンシップ(GI)

 

2010年11月20日 (土)

東京スポーツ杯2歳S【2010】予想/将来性よりも適性重視

次代のスターへの登竜門!「第15回 東京スポーツ杯2歳ステークス」

 

にほんブログ村 トラコミュ 東京スポーツ杯2歳S攻略へ 東京スポーツ杯2歳S攻略

 

 

にほんブログ村 トラコミュ マイルチャンピオンシップ データ分析へ マイルチャンピオンシップ データ分析

 

-分析-

血統面での詳細な分析は週中にしましたが、

「東京スポーツ杯2歳S【2010】血統分析/適性配合を知る」はこちらから

母父SS系統』になります。

過去5年で母父SS系統配合馬が出走したのが4年で、4勝になります。対配合である父系統の特徴もキングカメハメハやトワイニング、ジャングルポケット、クロフネなど様々です。

次にどういったレースを経験している馬が好走しているのかを見ると、

3着以内にきた馬の多くが『1600m戦を先行して好走』した実績のある馬でした。

-狙い馬-

今年の母父SS系統出走馬は1頭、マイネルラクリマ。

チーフベアハート SS系統

当馬は過去3戦しており、前走の新潟2歳Sが先行して2着に粘り込んだレース。その実績を順当に評価をします。実績馬よりもディープインパクト産駒や母が重賞実績のある馬など、将来性のある馬が人気になってくるこの時期の2歳特別戦ですが、当レースの過去成績から一番過去好走馬と合致していると考える馬が当馬になります。

比較的人気薄が予想される馬での推奨馬は血統配合が魅力なのと前走で東京マイル実績のあるマイネルハイセンス。

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

マイネルラクリマ

マイネルハイセンス

Tokyo2sai

 

にほんブログ村 トラコミュ マイルチャンピオンシップ データ分析へ マイルチャンピオンシップ データ分析

 

2010年11月18日 (木)

マイルチャンピオンS【2010】血統分析/傾向の変化

 

にほんブログ村 トラコミュ マイルチャンピオンシップ データ分析へ マイルチャンピオンシップ データ分析

 

京都1600m戦で施行される下半期最高のマイラーを決める一戦、キャロットクラブにとっては過去2勝と相性の良いレースです。

では血統分析を展開していきます。

-傾向の変化を感じ取る-

Mcs0509

2009年までの5年間で3着以内にきた馬、述べ15頭の血統配合を見るとSS系統が優勢でSS直仔が6頭(3‐2‐1)の成績です。

この傾向はSS産駒がマイルCSに出走し始めて以来、続いてきた大きな偏りでした。しかし、ダイワメジャーの引退を最後にSS直仔の出走が極々わずかになり、好走している血統配合も変化してきた印象はあります。

Mcs20082009

上グラフは2008‐2009年の2年の3着以内馬の血統配合です。

ダート系のNorthern Dancer系統やRoberto系統が台頭してきており、脚質的にも大外一気で差し切ってきたSS直仔がいなくなり、内々をコースロスなく走った馬が制したり、先行したPW系統馬が粘り込んだりしています。

2010年もこの、

先行するPW系統馬(Northern Dancer配合馬)

中心に馬券構成、軸馬選定をしないといけないレースへと変化してきています。

にほんブログ村 トラコミュ 東京スポーツ杯2歳S攻略へ 東京スポーツ杯2歳S攻略

 

 

2010年11月17日 (水)

東京スポーツ杯2歳S【2010】血統分析/適性配合を知る

 

にほんブログ村 トラコミュ 東京スポーツ杯2歳S攻略へ 東京スポーツ杯2歳S攻略

 

にほんブログ村 トラコミュ 第15回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)へ 第15回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)

 

-血統分析-

Tokyo2s

このレースにはきっちりとした血統面での偏りがあります。

それは

『母父サンデー系統』

が優秀である点です。過去5年で4勝、2007年は3着まで独占でした。もちろん今年の狙い目も引き続きこの配合馬になります。

2010年出走予定馬で『母父サンデー系統』に該当するのは、

 

マイネルラクリマ “Danzig系統/SS系統”

 

1頭になります。過去好走馬の配合から狙い馬を立てる予想スタイルの人は即決ではないでしょうか。

 

にほんブログ村 トラコミュ マイルチャンピオンシップ データ分析へ マイルチャンピオンシップ データ分析

 

2010年11月13日 (土)

エリザベス女王杯・武蔵野S【2010】予想/必要なピース

世代を超えた最強牝馬決定戦!「第35回 エリザベス女王杯」 

 

にほんブログ村 トラコミュ 第35回 エリザベス女王杯(GI)へ 第35回 エリザベス女王杯(GI)

 

-分析・考察-

■血統面では週中で記述したようにエリザベス女王杯の血統面での狙い目は内回り向きの血統

●父系の注目系統/SS系統が過去3年複勝圏内9頭のうち4頭を占めます。その中でもアグネスタキオン産駒が3頭(2勝)なので注目です。残り1頭もSS直仔なのでSPのあるSS系統が狙い目になります。

●母系の注目系統/Northern Dancer系統が7/9頭を占めます。牝馬最高峰のレースなので基本的にはND系統の底力が必要ということかもしれません。

●人気薄の系統/これは昨年の1,2着馬やタイガーテイルなどにもみられるNasrullah系統です。

■エリザベス女王杯の基本軸

京都2200m外回りは先行した馬が残りやすいレースです。

過去のエリザベス女王杯を振り返ってみても「先行する馬」を「人気差し馬」が捕まえることができるかのレースになります。

-狙い馬-

プロヴィナージュは先行馬で京都大賞典3着馬です。この古馬混合戦で複勝圏内にきた馬の好走実績はかなり高く【先行】することが予想される馬では軸になる存在です。(回避しました。)

リトルアマポーラは一昨年の勝ち馬で当然ですが、傾向が寄っています。「アグネスタキオン/Lyphard」配合というように前受けできるPW系SS配合は他に出走馬がいてなく、適性の恩恵を一番受けれる馬です。

メイショウベルーガは「フレンチデピュティ/Sadler's Wells」で母系にNorthern Dancerを配合しているのが好印象です。過去の歴史をみてもカワカミプリンセスやスイープトウショウ、アドマイヤグルーヴなど【人気の差し馬】の役割を担うのはこの馬でしょう。京都大賞典勝ち馬です。 

コロンバスサークルは血統配合が父・母が逆であれば本命候補。これだけ配合面で後押しできる馬がいないことからも浮上の余地はありそうです。出来れば逃げてほしいですが。

セラフィックロンプはプロヴィナージュの回避のため急遽、印をまわしました。「マンハッタンカフェ/Bold Ruler」の配合で、プロヴィナージュとの比較で評価を下げましたが混合G2戦の京都記念で直線ラスト1Fまで粘り込んだことを素直に評価。同馬回避の今、【どうしても必要なピース番手先行馬】の当馬を推奨。宮崎北斗騎手のブログを見てテンション上げときました。(13日22:35分プロヴィナージュ回避のため追記)

-ばっじょの「負けない競馬」予想推奨馬-

プロヴィナージュ(回避)・リトルアマポーラ・メイショウメルーガ・セラフィックロンプ(追記)

コロンバスサークル

Meisyouberuga

 

にほんブログ村 トラコミュ エリザベス女王杯攻略へ エリザベス女王杯攻略

 

 

ダート界のトップを目指せ!「第15回 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス」

 

にほんブログ村 トラコミュ 武蔵野ステークス攻略へ 武蔵野ステークス攻略

 

-分析・狙い馬-

では簡単に。

狙い馬は『小回り適性・好走実績のあるMr.Prospecter、Blushing Groom配合馬』

昨年と同じです。

-ばっじょの「負けない予想」推奨馬-

ユノゾフィー

ダイショウジェット・ナニワトモアレ

Musasino

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~