« キーンランドC【2011】予想…1400mベストのPW血統馬 | メイン | 新潟2歳S【2011】血統分析…時には勇気も必要 »

2011年8月28日 (日)

キャロットクラブ【2011年度1歳募集馬】血統分析…関西入厩予定馬

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

P2011_0828_134018

-関西入厩予定馬-

つたない血統知識ですのでナナメ読み程度でお願いします。

●ディープインパクト産駒

ディープインパクトは日本競馬最高の優駿として評価されており、今世代が3世代目になります。現役時代はその次元の違う瞬発力でファンを圧倒しましたが、個人の見解として種牡馬は根幹配合(SS/独牝系)を伝えると捉えているのでダンスインザダークに近いST型、母系にはSP、柔らかさのある馬を配合する馬が狙い目です。

全体的な産駒の募集金額の高さを考えても上級戦で活躍できる馬を指名したい。

 

38    フォルテピアノの2010 ディープインパクト フレンチデピュティ(NT)

【血統分析】

母系に芝向きのSPのあるフレンチデピュティを配合しているのでディープ産駒ではキレのあるタイプ。その対配合がNTなので大外一気で差し切るというよりは好位から抜け出すタイプの配合馬。距離適性は短め1600mで好走する感じでしょう。

【注目情報】

【適性距離】1600~1800m配合。

39 ガヴィオラの2010 ディープインパクト Cozzene (Green Forest)

【血統分析】

母系の配合面の特徴はAmerca Nasrullahのクロス配合でキレを増し、母母父のGreen ForestはStar Kingdom系統なのでPWがある点。阪神2000m内など直線の短い競馬場で他馬を圧倒するキレを発揮するタイプではないでしょうか。『若葉Sからの皐月賞参戦』といったタイプ。

【注目情報】

今年のキャロットクラブ募集馬で最高値です。

【適性距離】

阪神2000m芝

40 シーズライクリオの2010 ディープインパクト Boundary(Mr. Leader )

【血統分析】

母父がDanzig系統なので少し荒れた1800mあたりで実力を発揮する配合だが、父、母にHail to Reasonのクロスがあるのでディープ産駒の重たさが消え、見た目以上には素軽さがありSPもありそう。クラシック血統というよりは中距離少し短めで力を発揮するでしょう。

【注目情報】

【勝手に適性距離】

1800mを押し切るタイプ。 

41 ポトリザリスの2010 ディープインパクト ポトリリャゾ(Ahmad)

【血統分析】

母系はディアデラノビアでおなじみ血統でNasrullahを根幹に持ち柔らかさを伝えます。父ディ^プインパクトにはこれぐらいの柔らかい母系を配合するのがベターだと考えていますので魅力的な1頭。産駒は芝の瞬発力戦で力を発揮、順調ならクラシックを意識できるのではないでしょうか。

【注目情報】

半姉ディアデラノビア、半兄マゼランなど活躍馬を輩出。

【適性距離】

京都で抜群にキレるタイプ。

42 オールザウェイベイビーの2010 ディープインパクト グランドスラム(Kris.S)

【血統分析】

母系にダート戦でもといえるPW系統を配合しているので、距離適性は短めになると思います。1400mのような少しスタミナのあるパワー系統が向くレースでの好走が期待できます。(母系の特徴を生かしディープインパクトのスタミナをガソリンにして走るタイプ。)

【注目情報】

入厩予定先が松田博資厩舎。

【適性距離】

阪神1400m芝・ダ

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●ウォーエンブレム産駒

Mr.Prospecter系統のアメリカ2冠馬です。競走成績も掲示板外か優勝と極端です。狙いの配合は母系でもダート的なPW系統を配合し、ダートや急坂1800mなどを先行できる配合馬を狙うのがベターだと考えています。

 

43 スターパレードの2010 ウォーエンブレム パレードマーシャル(Top Watcher)

【血統分析】

母系に南米系のSP馬を配合、系統もCaroからGrey Sovereignをもらっている点。父のダート適性の高さに母系で柔らかさを配合しているので、PWダートよりもSPダート向き、京都1800mダート戦でキレるタイプ。

【注目情報】

【適性距離】

京都1800mダート

【血統分析】

ダート向きのPWを伝える父:ウォーエンブレムに母系統でもPW系を配合しています。Mr.Prospecter3×3(Raise a Native3本クロス)なので仕上がりは早め、距離適性は短めですが、基本的にはダート向きの血統もPWはあるので芝だと急坂や洋芝での先行粘り込みをはかれる配合。

【注目情報】

半兄:アドマイヤメジャー、産駒初の非SS系統配合。

【適性距離】

中山1800m芝・ダ

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●キングカメハメハ産駒

SS直仔が席巻していた時代にハーツクライなどを寄せつけなかった変則2冠馬です。

母系配合の特徴で適性コース、距離が変わるのが特徴で

/SS(Nasrullah) クラシック血統

/SS(PW系統) 小回り芝、ダート向きの先行脚質

/非SSでNasrullah配合 マイル志向の強い芝外回り血統 となります。

44 ディアデラノビアの2010 キングカメハメハ SS(Potrilazo)

【血統分析】

キングカメハメハ産駒としてクラシックを意識するのに必要な母系配合をきっちりしている最高の配合馬です。『キングカメハメハ/SS(Nasrullah)』クラシック系統です。

募集金額が3200万円というのは個人的には安いと思うので体質、造りが心配ですが、血統配合だけでみるなら今年、1,2を争うのではないかと思っています。

【注目情報】

【適性距離】

東京1800-2400m芝向き

45 トゥザヴィクトリーの2010 キングカメハメハ SS(Nureyev)

【血統分析】

母父SSなので注目は対配合なのですが、(PW)Nortehrn DancerのNureyevです。となると産駒は基本的には小回り先行脚質で距離適性は短めです。クラシック路線で期待するならば秋華賞でしょう。

【注目情報】

全兄:トゥザグローリーは12000万円で募集。

【適性距離】

京都2000m芝、小回り向き芝・ダ

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●クロフネ産駒

クロフネはNHKマイルカップとジャパンカップダートの東京芝・ダG1を2つ制していますが産駒にはその配合的特徴が伝わると考えています。

母系のClassic Go Go/Icepacadeのダート適性がフレンチデピュティの芝向きのSPを伝えづらくしている印象でクロフネ産駒で芝路線を狙うのであれば母父SSなどのSPのある馬を配合することが条件。

46 ルミナスポイントの2010 クロフネ アグネスタキオン(Machavellian)

【血統分析】

母系にサンデー後継種牡馬でもSPのあるアグネスタキオンを配合し、良質の牝系は多くの芝実績馬を輩出するなどしっかりとSPを伝えれる系統。ダート路線というよりは芝路線での活躍が期待できる1頭です。

【注目情報】

『2011 セレクトセール』にて3500万円でキャロットクラブが落札。

【適性距離】

1400-1600芝

47 ビスクドールの2010 クロフネ SS(Nureyev)

【血統分析】

当馬も46と同じように、芝路線でも対応できるSPを伝えていける牝系。距離適性はNureyevが入るので短くなりますが、芝で活躍できる可能性のある配合。芝・ダ兼用馬。

【注目情報】

全兄:バトードールはキャロットクラブ所有馬、現役。

【適性距離】

12‐14芝・ダ兼用馬。

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●ダイワメジャー産駒

ダイワメジャーは皐月賞、天皇賞・秋、安田記念、MCSなどを制したSS直仔最後の大物でしたが、血統的にはその脚質とも合致しているのですが、『SS/NT』なので中山などを先行してPWで押し切る競馬に適性を感じる配合馬です。対配合は比較的、多くの配合で融通が利くタイプで距離適性は短め。

狙いたい馬は牝馬で母系にMr.Prospecterあたりを配合し、1400‐1800m芝を主戦場とできる配合馬やLyphardを配合し父の先行脚質を生かす配合馬。

48 ブロードアピールの2010 ダイワメジャー ブロードブラッシュ(Valid Appeal)

【血統分析】

なかなか産駒が活躍できないブロードアピールです。母系がダート短距離向きのPW配合なので、多くの配合と融通性を発揮できる父との配合でダート向きや芝でも短い距離で活躍が期待できそうです。

【注目情報】

【適性距離】

1200-1600m芝・ダ

49 グッドゲームの2010 ダイワメジャー フライティルドーン(Storm Bird)

【血統分析】

母父の根幹系統自体はSTのある系統ですが、母系全体で捉えるとアメリカダートで活躍している血統でNasrullahやPrince Roseなども配合されているので14‐1800mあたりで瞬発力を発揮するイメージですが、よりハイペースで活躍しそうです。

【注目情報】

【適性距離】

14‐1800m

50 ダークサファイアの2010 ダイワメジャー Out of Place(Star de Naska)

【血統分析】

母系根幹が『Turn to/Nasrullah(Bold Ruler)』なので父のTurn toとクロスになり軽めの少し短めの芝向き、SP、キレともにありそうです。京都マイルで抜群にキレそうで良い配合に思います。

【注目情報】

【適性距離】

1600芝

51 エンシェントヒルの2010 ダイワメジャー エンドスウィープ(Proud Truth)

【血統分析】

こういう配合で牝馬ならと思わせる配合です。ダイワメジャー/Mr.Prospecterなので京都1600mあたりで活躍する配合で、牡馬であれば2、3歳戦での使い方が難しいのですが桜花賞路線のある牝馬であればダイワメジャー産駒でのこの募集金額は気になりますが、楽しみは大きいです。

【注目情報】

【適性距離】

軽いマイル向きの配合。

 

●シンボリクリスエス産駒

シンボリクリスエスはサンデー全盛期の天皇賞秋を連覇した名馬です。父はNasrullahとPrincequilloからくるキレ味を受け継いだ配合なので東京2000mをこなせましたが、産駒には血統的特徴が伝わると考えているのでRobertoが強く出る可能性もあります。やはり対配合にはやはりサンデー/Nasrullah系が理想です

19 ブルーメンブラッドの2010 シンボリクリスエス アドマイヤベガ(Topsider)

【血統分析】

ブルーメンブラッドはMCSを制した名牝で、シンボリクリスエスの対配合として持ち合わせておきたい『SS/Nasrullah』が根幹のアドマイヤベガを母父なのはかなり魅力的です。父・母ともに2200m芝などの芝路線で適性もありますし、うまく2歳戦で勝ち上がることができればダービー路線に乗れるのではないでしょうか。できれば、母母父系統に(ダートPW)Northern DancerであるTopsiderの遺伝力をあまり受けていない方が良い印象。

【注目情報】

母:ブルーメンブラッドはキャロットクラブ所有馬でMCS制覇の名牝。

【適性距離】

中山2200m芝

53 シーザリオの2010 シンボリクリスエス スペシャルウイーク(Sadler's Wells)

【血統分析】

母父:スペシャルウイークはスタミナ寄りのサンデー後継種牡馬、そこにSadler's Wells配合なのでスタミナは豊富なのですが、SP面が不安です。父のRoberto的なPWを上手く調和しているかどうかが気になるところですが、血統配合からすると芝ならば中山2200mあたりを前々で粘り込む競馬向きの配合、どちらかというとダート戦線で生きていく配合かなと。

【注目情報】

母:シーザリオは日米オークス制覇の女傑。

初仔:トゥエルフスナイト(父:キングカメハメハ)は1戦1勝。募集金額8000万円。

【適性距離】

中山2200m芝、1800-2100mダート

54 ドルチェリモーネの2010 シンボリクリスエス SS(Sales)

【血統分析】

軽さを出したい牝馬なので母父SSのSPがあるのは好印象で、中距離芝あたりで期待したい配合。この馬も52 ブルーメンブラッドの2011と同じようにTopsiderの遺伝力が弱い方が良いと思います。

【注目情報】

【適性距離】

中距離芝。

55 モンローブロンドの2010 シンボリクリスエス アドマイヤベガ(Machavellian)

【血統分析】

1歳上の姉(ビキニブロンド 父:キングカメハメハ)ほどではありませんが、良い配合です。父・母を横断してのNasrullahのクロスなので芝向きの印象ではありますが、先述しているシンボリクリスエス産駒とは違い母系にNureyevが入るので少し距離適性は短めにシフトしそうです。しかしこの活躍馬を輩出するソニンクの系統でこの募集価格1800万は安すぎる印象。馬体などは注視必要です。

【注目情報】

【適性距離】

1400‐1800芝

56 フサイチパンドラの2010 シンボリクリスエス SS(Nureyev)

【血統分析】

母系に非Nasrullah、Nureyev配合なので小回り向きのPW配合馬。芝路線であれば中山1800m芝や京都内まわり2000mを先行押し切る競馬がベターだと思いますが、個人的にはダート戦線を進んでいくのではないかと捉えています。

【注目情報】

母:フサイチパンドラはエリザベス女王杯の勝ち馬。

【適性距離】

1800‐2000m芝小回り。

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●タニノギムレット産駒

東京優駿を制したRoberto系統馬で、うまく母父系統のCaroが活きた印象。産駒も母系にサンデーサイレンスかNasrullahを配合していることが成功の条件でしょう。

57 ピノシェットの2010 タニノギレット Storm Cat(Blushing Groom)

【血統分析】

現役5勝馬:スピリタスの全妹です。タニノギムレット産駒の特徴に記載した通りの母系配合。きっちりとNasrullahのクロスできっちりとキレを増す配合。但し、母系の根幹が(PW)Northern DancerであるStorm Catなのでスローペースの瞬発力というよりはハイペースでしっかりと伸びきる競馬が向いていそう。牝馬ということもあり兄よりは距離適性が短く表れ、距離は1400mあたりかなと。

【注目情報】

父:スピリタスはキャロットクラブ所有の5勝馬(騸馬)、キャロット募集のスピリタス、ビンテージチャートが活躍しているのにこの募集金額(1800万円)には気になる点。気性、馬体チェックは必要そうです。

【適性距離】

1400m芝

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●アグネスタキオン産駒

アグネスタキオンは無敗の皐月賞馬です。SSに最も近い後継種牡馬ともいわれ産駒には絶対的なSPを伝えます。但し、産駒には足元の弱い馬が多いので狙いとしては母系でもSPのある配合馬を狙い、濃いインブリードの馬は避けるようにしたい。

58 プンティラの2010 アグネスタキオン アカテナンゴ(Lagunas)

【血統分析】

母系が総合力の高い配合なので父の選択が難しい印象のある馬なのですが、(SP)SS系統:アグネスタキオンを選択したのは当たりかもしれません。牡馬クラシック路線では母系にNorthern Dancerを配合しないと最終的な総合力比べで劣るのもあり、母系の総合力(独/ND)を背景にタキオンの絶対的なSPが加わるとすごく魅力的なクラシック配合の完成です。あとはタキオン産駒だけに怪我だけが心配で、馬体重は軽めの方が良さそうです。

【注目情報】

過去2年はディープインパクト産駒。

【適性距離】

1600-2400m芝

●チチカスナテンゴ産駒

ダイワスカーレットの初年度配合馬として世間の注目をあびたチチカスナテンゴです。初めてじっくりと血統図を眺めてみました。

父はCaroからくるNasrullah系統/NDという面で、少しSPというよりはPWやSTの分類に属すると思います。となると輸入した目的はやはりSS系統の繁殖牝馬を配合したいからであり、母系では軽めの瞬発力のある配合を選びたいと思う馬です。

59 プリンセスミラクルの2010 チチカスナテンゴ フジキセキ(スリルショー)

【血統分析】

母父はフジキセキでその対配合にNasrullah、princequilloの他本数クロスがあるので母系統の配合面では京都14‐1600mで好走する配合。父:チチカスナテンゴの対配合としてはバランスの良い調和のとれた配合で1400‐1800mで柔らかさを発揮できそうです。

【注目情報】

【適性距離】

京都1400‐1800m芝。

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●フジキセキ産駒

フジキセキは1200m戦から中距離戦線でサンデーサイレンスに近い後継種牡馬です。全体的には距離適性は短いので牝馬指名を前提にすすめていきたい血統で、母系にPW系統を配合すると1400m向き、トニービンなどを配合すると中距離馬にキレイに分類できそうです

60 エンプレスティアラの2010 フジキセキ クロフネ(Seeking the Gold)

【血統分析】

母系に(PW)Northern Dancer系統『クロフネ/Mr.Prospecter』なのでダート的なPW満載です。ここに芝ダ兼用馬のフジキセキを父として迎えていますので、1800mダートなどで押し切る競馬よりは1400‐1600mダートで差し切りを狙う配合。芝ももちろんこなせますが、瞬発力競馬よりは12‐1400m向きのパワーのいる競馬向きでメリハリのある好きな配合。

【注目情報】

【適性距離】

1200‐1400m芝ダ兼用馬

61 ヴィアンローズの2010 フジキセキ セーヴルローズ (Kaldoun)

【血統分析】

母系に(SP)Northern Dancer系統Caerleon/Nasrullahの他本数クロスなので、外回りで瞬発力を発揮できる配合。距離適性はマイルがベター。

【注目情報】

【適性距離】

1600m芝

62 アウトオブタイムの2010 フジキセキ パニス(Midyan)

【血統分析】

母系で(PW)Mr.Prospecter Miswakiの3×4なので距離適性は短め、PWの塊のような牝系。父自体もPWがあるので短距離ダートで生きる配合。『2歳夏:小倉1000mダート新馬』でデビューを期待。

【注目情報】

【適性距離】

1000‐1200ダ

63 リッチダンサーの2010 フジキセキ ホーリング(Fairy King)

【血統分析】

母父:ホーリングのSharpen Up系統の特徴はBlushing Groomと同じ粘り、持久力を発揮する系統。そこにND/Nasrullahなので柔らかさを伝える配合、産駒は1400mで力を発揮するタイプ。

【注目情報】

【適性距離】

1400m芝

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●ネオユニヴァース産駒

ネオユニヴァースは稍重の皐月賞、東京優駿を制した2冠馬で、少しPW要素の強いSS後継種牡馬です。2,3歳戦でダートで活躍馬を排出する点も少しPWに寄っている証明だと思います。狙いは母系にもPWのある配合をし、完全PW仕様の馬を狙いたい。

64 ラフィントレイルの2010 ネオユニヴァース エルコンドルパサー(F・Dancer)

【血統分析】

母系統はスタミナを意識できる配合ですが、やはりこの配合であれば『洋芝・中距離』で狙いたい。

【注目情報】

【適性距離】

札幌2000m芝

65 スムーズセイリングの2010 ネオユニヴァース クロフネ(NT)

【血統分析】

PW系統の父に母系統が『クロフネ/NT』なのでパワーに寄っている印象の強い配合馬です。父がネオユニヴァースなのでマイル~中距離前後が活躍の場だとは思いますが、2,3歳ダート戦線でも活躍馬を輩出している父からも中距離ダートでもしっかりとしていけそうです。どちらにしても先行押切りタイプ。

【注目情報】

【適性距離】

1600芝、1800mダート。

66 ヒカルアモーレの2010 ネオユニヴァース クロフネ(Kaldoun)

【血統分析】

PW系統の父ですが、母系統が『クロフネ/Nasrullah』なのでダートの印象が強いのですが、芝向きのSPもあります。芝・ダート兼用で粘り、持久力に富んだ中距離馬になりそうです。

【注目情報】

【適性距離】

1800‐2000m芝・ダ

67 ムーンライトダンスの2010 ネオユニヴァース シンダー(The Minstrel)

【血統分析】

母系統:Chief's Crownはディープスカイ、アグネスデジタルの母父として産駒に絶大な総合力を伝えています。産駒はクラシック路線で活躍の期待したい魅力的な1頭で、稍重などであればさらに期待度は上がります。牝馬というのも魅力的で、早めに1勝できると3歳牝馬のほとんどが初の2400m戦でという優駿牝馬で、スタミナを含む総合力比べにという夢は広がります。

【注目情報】

【適性距離】

2400m芝

●ジャングルポケット産駒

東京優駿、ジャパンカップを制したトニービン最高の産駒。血統面ではNureyevがい電力の強い血統なので産駒の距離適性を短くし、瞬発力よりは稍重などのPWがいる競馬でより能力が発揮されます。

68 アドマイヤメガミの2010 ジャングルポケット エルコンドルパサー(SS)

【血統分析】

距離適性がイメージよりも少し短いジャングルポケット産駒に、母父SSは少しPWに寄りやすい特徴。ジャパンカップを制した父:母父にSS配合なので、この配合であればクラシック路線でという印象は受けるのですが、おそらく1800mぐらいがベターな競走馬になると考えます。但し、洋芝は鬼。

【注目情報】

【適性距離】

1800m洋芝

69 アドマイヤサンデーの2010 ジャングルポケット SS(El Gran Senor)

【血統分析】

説明をする必要のない配合馬です。少しPWに寄った洋芝1800‐2000mベストです。渋ればなおさら上昇。

【注目情報】

トールポピー(G1 2勝馬)、アヴァンチェラ(現役・重賞勝ち)

【適性距離】

1800-2000m洋芝

●スペシャルウィーク産駒

『SS/Nijinsky』なので総合力が高いので、母系に重たい配合をするとズブさが残る産駒になりそう。

産駒最高傑作の1頭であるシーザリオは母父Sadler's Wellsなので記述と違う戦績なのですが、それでも狙いはブエナビスタのような(SP)CaerleonやNasrullahなどを配合している馬の方が狙い目でしょう。

70 グレイトフィーヴァーの2010 スペシャルウィーク カルドゥン(Simply Great)

【血統分析】

母系が『Caro/Mill Reef』なのでスペシャルウィークの母系としてはベターな選択です。外回りで力を発揮するタイプですが、母系根幹にNortehrn Dancerが非配合なので牡馬クラシック路線を考えると最後の一押しに欠けそうではあります。

【注目情報】

【適性距離】

2200m芝

71 フィックルフレンズの2010 スペシャルウィーク Demons Begone(Sir Harry)

【血統分析】

母系統がスタミナ豊富な配合ですが、Haloが配合されているので父のHalo系統と調和されれば軽さが生まれます。基本的には中距離よりは2500m芝のような距離で見たい配合。

【注目情報】

【適性距離】

2500m芝

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●ゴールドアリュール産駒

ゴールドアリュールは『SS/Nureyev』配合なのでSS系統でも小回りをPWで捲れる血統です。母系もPWで固められていると血統面では好走できる偏りがあり、中山1600mやダート戦になりそうです。トニービンなどを配合されていると芝向きの産駒に。

72 クリソプレーズの2010 ゴールドアリュール エルコンドルパサー(Riverman)

【血統分析】

父がダート戦線で活躍した(PW)SS系統で、母系が重たいので産駒としてはSPを発揮できない可能性はありそうです。スタミナは豊富にありそうなので父の特徴とおり3角からの捲り競馬が向いていると思います。上級戦まで行くとしたらやっぱり『ダート』の印象です。

【注目情報】

【適性距離】

1800mダ

73 シンコウエンジェルの2010 ゴールドアリュール オジジアン(Reflected Glory)

【血統分析】

(PW)SS系統:ゴールドアリュール/PW系統配合。こういった特徴のある配合は魅力的で中山マイル戦線やダートでもしっかりと競馬が出来そうです。タケミカヅチのように成長してほしいです。

【注目情報】

【適性距離】

中山1600芝、1800mダ

●メイショウサムソン産駒

メイショウサムソンは中距離で実績を残したオペラハウスを父に持つ種牡馬ですが、Sadler's WellsとLyphardなので全体的なSPがなさそうで、母系にSSでも配合していないと厳しい感じは否めません。

74 マリスターⅡの2010 メイショウサムソン Baldski(Arugment)

【血統分析】

この馬も関東入厩の馬と同じく母父SSを配合していないので厳しい戦いになると思います。父か母系統の根幹にDanzigやDuputy Ministerなどの(PW)Northern Dancer系統が一つでも配合されていればダート戦線などでも活躍できるイメージは湧くのですが、当馬は『Sadler's Wells/Nijinsky』なので洋芝の長距離や1000ダなどの極端なレースで好走できるかなといった感じではないでしょうか。

【注目情報】

【適性距離】

函館2600m芝、1000mダート

75 インディスユニゾンの2010 メイショウサムソン SS(Mr.Prospecter)

【血統分析】

母父SSのメイショウサムソン産駒ですので芝路線でも活躍ができる配合。父のLyphard的な傾向が上手く発揮できれば短距離~中距離にかけて先行して粘り込みを図る競馬が出来そうです。

【注目情報】

【適性距離】

阪神1400‐1800芝

●ダンスインザダーク産駒

ダンスインザダークは産駒にSTを伝える種牡馬で、その特徴を示しているのは菊花賞に実績はあるか天皇賞・春に実績がない点です。すなわち距離適性が短い馬でも出走してくる3歳の3000m戦は持久力戦になるとダンスインザダークのスタミナがものをいう展開。長距離に実績のある馬が参戦し、STの中にもSPもしっかり持っている馬がくる天皇賞・春ではSPが足りない点です。牡馬であれば母父トニービンなどを配合し長距離戦に矛先を向けるのも良いが、牝馬であれば母系にPW系統を配合し1400m向きの馬を狙いたい。

76 ブルーラスターの2010 ダンスインザダーク Nureyev(Habitat)

【血統分析】

母系統が『(PW)Nureyev/Habitat』なのでPWに偏ります。その母系統に(ST)SS後継種牡馬:ダンスインザダークなので秋の福島開催などのローカルの中距離、長距離路線で力を発揮するタイプです。

【注目情報】

半兄:グラスボンバーが7勝馬。

【適性距離】

小回りローカル中距離馬

●アドマイヤドン産駒

77 レースの2010 アドマイヤドン Gulch(Nijinsky)

【血統分析】

『Mr.Prospecter/Mr.Prospecter(Nijinsky)』なのでPW要素が強く、芝のSP競馬よりはダート向きの配合。全兄:トーセンアレスは中山1800mを得意としていますが、レースの2010は牝馬、関西入厩ということもあり、距離適性を少し短くシフトし小回り1700m、阪神1400mダ向きではないでしょうか。

【注目情報】

【適性距離】

小回り1700mダート

●アドマイヤムーン産駒

78 スターアイルの2010 アドマイヤムーン ロックオブジブラルタル(Nureyev)

【血統分析】

父:アドマイヤムーンの配合は『Mr.Prospecter/SS(Sharpen Up)』なので少しPWに寄っている配合です。対配合も(PW)Northern Dancerの配合なので基本的には短距離向き、小回りであれば1800mまで対応可能ではないでしょうか。

【注目情報】

【適性距離】

1200‐1600m、小回り1800m

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●エアジハード産駒

79 マチカネモユルの2010 エアジハード NT(パーソロン)

【血統分析】

父:エアジハードの配合は『テスコボーイ(ネヴァービート)/Bold Ruler(NT)』なのでNasrullahの柔らかさを増すことによって1200mよりも1600‐2000m向きに出た印象のある馬。この父系統に母系でもNTやパーソロン(シンボリルドルフの父)などを配合しているので、これでもかというくらいに日本在来のキレのある柔らかい配合をオンしています。これだけ配合すると距離適性は少し短くなる可能性はありますが、仕上がり早く、野芝で威力を発揮するでしょう。

【注目情報】

【適性距離】

小倉1200m芝、新潟1600m芝

●ハットトリック産駒

80 ドリーボンズレガシーの2010 ハットトリック Proud Ctizen(Highland Park)

【血統分析】

ハットトリックは母系がPW系統なので、少しPWのいる時計のかかる競馬向きのSS後継種牡馬。この父に母系統でも(PW)Mr.Prospecterを配合しているので阪神1400m芝など比較的1200mのスピードにPWを求められるレースで好走するイメージの強い配合。

【注目情報】

【適性距離】

阪神1400m芝

●ブライアンズタイム産駒

81 ハンドレッドスコアの2010 ブライアンズタイム ホマイトマズル(SS)

【血統分析】

中長距離戦線で活躍が見込まれる血統同士の配合ですが、Turn toのクロス配合にLyphard配合なのでクラシック路線は少し長い印象。1800‐2000m芝・ダ兼用で先行して押し切る形で進めたい。

【注目情報】

【適性距離】

阪神2000m芝、阪神1800mダート

●フレンチデピュティ産駒

82 ジョイズジュエリーの2010 フレンチデピュティ リアルシャダイ(Assert)

【血統分析】

母系統は菊花賞で好走馬を輩出するリアルシャダイ/(ST)Northern DancerのBe My Guestの配合なので長距離で実績のある配合。ここに芝向きのSPのあるフレンチデピュティを父に迎え、STのいる長距離戦で瞬発力を発揮するタイプに。全兄:アドマイヤジュピタは天皇賞・春を制したのですが、当馬は牝馬。ローカルの長めの距離で一瞬の出し抜けを狙う競馬向きになりそうです。

【注目情報】

【適性距離】

小倉2000m芝

●ホワイトマズル産駒

83 ササファイヤーの2010 ホワイトマズル Saint Ballado(Icepacade)

【血統分析】

父は小回り中距離向きのホワイトマズル、母系はダート志向の強い『Saint Ballado/Icepacade』配合。配合面での特徴は先行してPWを生かす競馬が向きそうで1400m芝・ダート兼用での活躍が見込めそうです。

【注目情報】

キャロットクラブ所有馬2頭ともに勝ち上がり実績。

【適性距離】

阪神1400m芝・ダート

●マンハッタンカフェ産駒

84 ヴァレラの2010 マンハッタンカフェ モンズーン(Big Shuffle)

【血統分析】

万能型のサンデー後継種牡馬であるマンハッタンカフェは母系の特徴を伝えやすい特徴があります。そのため産駒は1200mから3200mまで重賞勝ちの実績があるのも見逃せません。母系統は持久力があるタイプなので中距離を先行して粘り込むレースが向きそうです。

【注目情報】

【適性距離】

小倉2000m芝

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

●リンカーン産駒

85 マチカネササメユキの2010 リンカーン Woodman(Nijinsky)

【血統分析】

父のリンカーンの配合が『SS/トニービン(Sadler's Wells)』という最もクラシック向きのバランスの良いSS系統の馬。逆にこれだけの最終形態のような配合を父に持ってこられると母系統に配合する系統が難しく、母父にNorthern Dancerを配合すると少し重たい印象になり、新潟中距離2200mを重厚にジワリとキレる馬になりそう。当馬のようにギアチェンジのできる(PW)Mr.Prospecter系統を配合することがベターだと思います。基本は1800mの広いコース向きですが、小回りマイル~中距離の芝レースでも脚を延ばせることができるでしょう。

【注目情報】

【適性距離】

京都1800m戦、小回り戦。

●ゴーストザッパー産駒

86 ポイントアシュリーの2010 ゴーストザッパー Point Given(Slew o' Gold)

【血統分析】

系統で配合を見ると『Deputy Minister/Gulch(Seattle Slew)』なので基本的にはダート馬と読み取るのが妥当。しかしながら父・母共にNasrullahのクロスが入るので芝でも1600m戦ぐらいまでは十分に対応できる下地もあります。

1600mを中心に芝・ダ兼用で活躍が期待できる配合馬です。

【注目情報】

【適性距離】

1600m芝・ダート。

●Smart Strike産駒

87 タドウィガの2010 Smart Strike Fairy King(Shirley Hights)

【血統分析】

系統で見ると父が(PW)Mr.Prospecter、母父(PW)Northern Dancerの配合なので芝・ダート兼用で1200m中心の短距離戦で活躍が見込まれる配合なのですが、母母系に上質のNasrullahを配合しているので距離適性にも幅が出てダート戦であれば1200mよりは1400m向き。芝路線であれば1800m戦までこなせると思います。

【注目情報】

【適性距離】

1200‐1800m芝

1200‐1400mダート

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/370154/26990799

キャロットクラブ【2011年度1歳募集馬】血統分析…関西入厩予定馬を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~