« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

チューリップ賞【2011】ジョワドヴィーヴル・ジェンティルドンナの血統

桜花賞前哨戦のチューリップ賞です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第19回 チューリップ賞(GIII)へ 第19回 チューリップ賞(GIII)

 

人気を背負う2頭が共にディープインパクト産駒で面白かったので分析をします。(ナナメ読み程度でお願いします。)

-ジョワドヴィーヴルの血統-

Jowado

父:ディープインパクトは日本競馬界で史上最高の呼び名の高い競走馬でした。

産駒には血統配合的な特徴が伝わると考えているのでその瞬発力よりは母系のSTもバランス良く伝わり、母系でスタミナ系のNasrullahやNorthern Dancerを配合すると重たくなり過ぎる懸念があります。

ジョワドヴィーヴルは母父がNorthern Dancer系統でもSPのあるCaerleonなのでディープの重厚さにSPを加味している点が好印象で少し

Hペースで展開される東京2000m‐2400mで斬れるタイプ

総合力の試される上級戦の流れの方が合うと思います。3歳牝馬の阪神1600m戦は『総合力No.1決定戦』、求められるものと血統は合致します。ある程度流れればより上昇。

-ジェンティルドンナの血統-

Jentoruruna

父:ディープインパクトはジョワドヴィーヴルと同じです。

母系は『Danzig/Lyphard』の配合なので、父母の根幹は『SS/Danzig』の配合で“Lyphardのクロス”が入る血統。Lyphardの濃いめのクロスがあるので、距離適性はジョワドヴィーヴルより短め、少し荒れた馬場などで先行し押し切るPW競馬を得意とするのではないでしょうか。

1600-2000m小回りベストの配合で秋華賞好走血統

対:ジョワドヴィーヴルを考えた時により前で競馬をし、インをつく競馬がしたい血統。前哨戦で名手:岩田康がどのように乗りこなすか注目です。対:ウオッカと対峙し、追いだしを計ったダイワスカーレット:安藤騎手のように乗れれば桜花賞に輝きを放ちます。

にほんブログ村 トラコミュ チューリップ賞 データ分析へ チューリップ賞 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 弥生賞 データ分析へ 弥生賞 データ分析

 

2012年2月24日 (金)

中山記念・阪急杯【2012】結論:非SS系統の威力

 

にほんブログ村 トラコミュ 第86回 中山記念(GII)へ 第86回 中山記念(GII)

 

Pic_mainvidsual

-中山記念【2012】結論-

フィフスペトル 牡6 横山典

【解説】このレースの特徴は、SS系統全盛時代に05年~10年まで6年間非SS系統(Northern Dancer、Grey Sovereign系統)が制したレース。

フィフスペトルは出走馬11頭中、唯一の非SS系統配合馬(キングカメハメハ/Riverman)でMill Reef、Rivermanからくる重厚なNasrullah系統の流れを活かす配合。このレースの流れに合います。そして好走実績の多い先行脚質、横山典騎手も後押し。

相手妙味は母系統にNT配合馬のネオサクセス、ネオヴァンドーム、ダイワファルコン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

にほんブログ村 トラコミュ 第56回 阪急杯(GIII)へ 第56回 阪急杯(GIII)

 

Pic_mainvidsual_2

-阪急杯【2012】結論-

オセアニアボス 牡7 藤岡佑

【解説】このレースも1400m戦へ変更以来、非SS系統が6年連続で制しているレースです。特に注目はNorthern Dancer、Roberto系統、実績面で12-14洋芝実績のある馬が狙い目。

オセアニアボスは好走実績の多いRoberto系統配合馬。1400m戦がベスト舞台で阪神実績、札幌実績もあります。

相手はサンカルロ、トウカイミステリーなど。

 

にほんブログ村 トラコミュ アーリントンC データ分析へ アーリントンC データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 中山記念 データ分析へ 中山記念 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 阪急杯 データ分析へ 阪急杯 データ分析

 

アーリントンC【2012】結論:人気薄推奨馬1頭公開

 

にほんブログ村 トラコミュ 第21回 アーリントンカップ(GIII)へ 第21回 アーリントンカップ(GIII)

 

Aronntonn

-アーリントンC【2012】結論-

チャンピオンヤマト 牡3 藤田

【解説】このレースの特徴は洋芝実績、ダート実績のある先行馬、そして血統面でPW要素の満載な配合を狙いたいレース。

チャンピオンヤマトは今年の出走馬で唯一のダート勝ち鞍のある芝:特別戦で掲示板(東京1400m戦くるみ賞4着)に載った馬。血統面でも芝・ダ兼用馬:メイショウボーラー×Bold Ruler(Raise a Native)とパワー配合になっています。男:藤田に騎乗依頼を出し、ラスト50mの粘り込みに期待します。

 

にほんブログ村 トラコミュ アーリントンC データ分析へ アーリントンC データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 中山記念 データ分析へ 中山記念 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 阪急杯 データ分析へ 阪急杯 データ分析

 

2012年2月23日 (木)

アーリントンC・中山記念・阪急杯【2012】本論:簡単な特徴

今週末は3重賞、過去の傾向を3つ簡単に挙げてみます。

波乱の決着が続く3歳マイル重賞!

 

にほんブログ村 トラコミュ 第21回 アーリントンカップ(GIII)へ 第21回 アーリントンカップ(GIII)

 

激走point! は以下の3点。

【洋芝・ダート】【先行】【父:パワー系統馬】

開幕週だが洋芝、阪神競馬。先行する芝・ダ兼用馬を狙い打ちたいレース。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大舞台へ夢をつなぐ、伝統のG2戦!

 

にほんブログ村 トラコミュ 第86回 中山記念(GII)へ 第86回 中山記念(GII)

 

激走point!は以下の3点。

【バレークイーン一族】【Northern Dancer、Grey Sovereign】【単勝狙い】

SS系統の複勝圏内も多いが勝ち損ねるレース。非SS系統の一発に期待したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

今年の短距離戦線を占う重要な1戦!

 

にほんブログ村 トラコミュ 第56回 阪急杯(GIII)へ 第56回 阪急杯(GIII)

 

激走point!は以下の3点。

【SS系統勝ち鞍ゼロ】【ND系統、Roberto系統】【12-14洋芝実績】

洋芝実績のある馬に好走馬が集中、非SS系統から入るレース。

 

にほんブログ村 トラコミュ アーリントンC データ分析へ アーリントンC データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 中山記念 データ分析へ 中山記念 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 阪急杯 データ分析へ 阪急杯 データ分析

 

2012年2月18日 (土)

フェブラリーS【2012】結論:母系統Ribotに勇気100%

2012年のG1開幕戦!

 

にほんブログ村 トラコミュ 第29回 フェブラリーステークス(GI)へ 第29回 フェブラリーステークス(GI)

 

-フェブラリーS【2012】適正群の公開-

Roberto系統

SS系統配合馬は人気馬のみ(3番人気以内)

American血統(特注はRibot内包馬) 

血統分析の詳細は週中の分析から:

フェブラリーS【2012】血統分析…この分類からが理想

上記が血統面での特徴になります。

そして下図がもう一つの当レースの大事な特徴です。

Feburary2

過去3年のレース上がり3ハロンの数字(35.9/過去3年9頭)と、

複勝圏内にきた3頭の平均の上がり3ハロン(35.7/過去3年9頭)の数字が示すようにその時計の速さと幅の狭さが分かります。

幅が狭いということは

る程度の前の位置で競馬をしないと勝負にならないことの証明。

脚質は先行タイプ、脚質が追いこみの馬は割引きです。

Pic_mainvidsual_2

-フェブラリーS【2012】結論:母系統Ribotに勇気をもらい掲示板の一番上へ-

本命:ワンダーアキュート 牡6 和田

カリズマティック/Pleasant Tapの配合。

父はアメリカ2冠馬で母父系統に勇気をもらえるRibotを配合。好位で競馬ができる脚質やJCダート⇒東京大賞典からの参戦など当レースの適正群にピタリと該当します。

主戦:和田竜含め、掲示板の一番上を狙う最大のチャンスになりそうです。

あとは、連覇に挑むトランセンド、3番人気以内前提で母父Roberto配合:エスポワールシチー、テスタマッタと人気馬を順当に指名したいレースですが、

人気薄で期待したい馬を1頭。

惑星:ナイキマドリード 牡6 戸崎圭

父はトランセンドと同じワイルドラッシュ、母系で過去好走馬の多いDeputy Ministerを配合しています。地方唯一の出走馬ですが人気馬を推奨しているためこういった惑星馬で少し配当を上げたいという淡い期待の表れです。

 

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーS データ分析へ フェブラリーS データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 種牡馬ランキングへ 種牡馬ランキング

 

2012年2月17日 (金)

ダイヤモンドS【2012】結論:実績と脚質が嵌る唯一の馬

長距離で輝くステイヤーの原石を探し出せ!

 

にほんブログ村 トラコミュ 第62回 ダイヤモンドステークス(GIII)へ 第62回 ダイヤモンドステークス(GIII)

 

-ダイヤモンドS【2012】本論:適正群の公開-

血統面の適性をみると、

種牡馬の距離適性という面からみることもないように考えています。

近2年人気薄で父:フジキセキ、ダイタクリーヴァが好走していたり、グラスワンダー、フサイチソニックなど長距離実績の十分でない馬の好走も目立ちます。

血統面で以下の2パターンをあげておきますが、

基本的には『実績⇒血統の序列』

で自身の実績面からの方が基本ラインとなるでしょう。

Roberto/Northern Dancer配合馬 

母系Nasrullah配合馬

その実績面で断然の成績を誇るのが、

2400芝実績、2500芝で好走実績のある馬です。

特に前走に該当するとその激走値は上がります。

騎手では松岡騎手の人気薄での激走は目立ちます。

Pic_mainvidsual

-ダイヤモンドS【2012】結論:実績と脚質が嵌る唯一の馬-

本命:ギュスターヴクライ 牡4 蛯名

前走:早春S(東京24芝)でオープン入りしたばかりの馬ですが、

過去の好走馬を見てもこういった上昇馬の好走が目立ちます。

前々走は中山25芝で0.9差圧勝とこのレースに求められている実績を持っています。

血統面よりは実績なので

2400m[2-1-2-1]、2500m[1-0-0-0]

を素直に信頼、但し斤量が他の同じ条件馬よりも1キロ重たい印象。

 

対抗:トパンガ 牡6 C.デムーロ

ギュスターヴクライと同じように

前走:松籟S(京都24芝)でオープン入りしたばかりの馬です。

本来、予想される人気面を考えてもこの馬からと考えてもいたのですが、脚質面が若干マイナスになるので対抗評価にしました。

前走差し切りであればキレイな母父:Nasrullah系統馬でしたので本命視でしたが。

 

にほんブログ村 トラコミュ ダイヤモンドS データ分析へ ダイヤモンドS データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーS データ分析へ フェブラリーS データ分析

 

フェブラリーS【2012】血統分析…この分類からが理想

何年間も馬券購入し、今まで全く当たらないレースも多々、あるのですが、フェブラリーSは相性が良いレースの分類に入ります。

人気馬が来ますし、笑。

今年も良い予想が出来ればと思いながら血統分析に入ります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第29回 フェブラリーステークス(GI)へ 第29回 フェブラリーステークス(GI)

 

-フェブラリーS【2012】血統分析この分類からが理想-

Feburary_2

(過去3年複勝圏内9頭)

●父:SS系統配合馬の不振:上記血統分析からは比較的SS系統の評価は高いのですが、ポイントが1点あります。

父SS系統:エスポワールシチー(2010年1番人気1着)、カネヒキリ(2009年1番人気3着)

と全て“人気馬のSS系統配合馬”になります。G1昇格後、人気薄でのこの系統の激走は期待できず2001年4番人気3着:トゥザヴィクトリーまで遡り、唯一の4番人気以下複勝圏内馬です。母父SS系統でも唯一、サクセスブロッケンが6番人気で制しましたが、やはりこの馬1頭のみになります。

●Roberto系統の優勢:ブライアンズタイム、シンボリクリスエス、母父リアルシャダイなど“Roberto系統の好走フラグ”は立っているレースですが、今年の配合馬はこの系統の出走が少ないです。

●American血統が9/9頭:では狙いたい特徴は何かとなると、“PW要素の強いAmerican配合馬”になります。過去3年以前でもMr.Prospecter系統やTopsider、Deputy Minister、Storm Catなどその系統は様々ですが、共通の特徴ではあります。

●スパイスとしてのRibot系統

Key to the Mintなどの祖であるRibot、この血が比較的生きるレースになっています。といってもこれだけ遡ると無理もあるので、狙いたい出走馬に“Ribotが配合されていれば勇気を与えてもらう”程度で良いと思います。

 

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーS データ分析へ フェブラリーS データ分析

 

20111

-血統分析のまとめ-

まずはできればRibot配合のAmerican血統配合馬から入り、コース適性などを照らしあわせたいレース。SS系統は人気薄激走に過度な期待を持つよりは人気馬を素直にというスタンスで絡めていきましょう。

 

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーS データ分析へ フェブラリーS データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ ダイヤモンドS データ分析へ ダイヤモンドS データ分析

 

2012年2月12日 (日)

クイーンC・共同通信杯・京都記念【2012】回顧:来年振り返りたい

 

にほんブログ村 トラコミュ レース結果・回顧へ レース結果・回顧

 

●クイーンC【2012】回顧

掲示板に載った5頭は全てSS系統配合馬でした。1、2着馬は実績最上位馬。自身の本命馬プレノタートは最後の直線で伸びるも4着。2013年に向けてはSS系統・混合戦好走実績馬・中山16芝実績のある馬が狙い(脚質は差し馬から)

●共同通信杯【2012】回顧

圧倒的人気を背負ったディープブリランテを2番人気で追うゴールドシップの構図。個人的には打倒:ディープブリランテを期待したエネアド(蛯名騎手)は6着。やはり世間の目の方が確かでした、反省です。2013年に向けては人気にとらわれずグリップの利くタイプを指名したい。血統面ではやはりSS系統ということになりそうです。

P2012_0212_115734_2

馬券はたまたま的中。

●京都記念【2012】回顧

圧倒的人気のダークシャドウが伸びきれず、4角先頭のトレイルブレイザーが押し切ったレース。前者は18-20芝で高い能力を示してきた馬。後者は香港Cからの参戦馬。3着にヒルノダムールが入り、実績面+参戦過程が明確になりました。特に参戦過程が重要に。血統面ではこのレースもSS系統から入りたいレース

 

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーS データ分析へ フェブラリーS データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーS (G1)へ フェブラリーS (G1)

 

共同通信杯・京都記念【2012】結論:推奨馬公開

クラシック戦線の主役を輩出してきた注目の1戦:共同通信杯の予想です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第46回 共同通信杯(GIII)へ 第46回 共同通信杯(GIII)

 

-本論:共同通信杯の適性群-

SS系統(過去3年で7/9頭)、特に対配合にPW系統配合馬。

Nasrullah配合馬

マイル戦以上の特別戦複勝圏内実績。

蛯名騎手

Kyoudoutuusin

-結論:共同通信杯推奨馬-

エネアド 牡3 蛯名

ディープインパクト/フレンチデピュティの配合で、狙いの「SS系統/PW系統」の配合です。特別戦2着実績、蛯名騎手を起用と狙いの3項目を持っています。

蛯名騎手のクラブコメントの能力評価からも、ディープブリランテ打倒を託しました。直線までは後ろだと思いますが出資者のみなさんはドキドキしながらのあと最後の200mでしょう。

 

にほんブログ村 トラコミュ 共同通信杯 データ分析へ 共同通信杯 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 京都記念 データ分析へ 京都記念 データ分析

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実力派が集う伝統の1戦:京都記念の予想です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第105回 京都記念(GII)へ 第105回 京都記念(GII)

 

-本論:京都記念の適性群-

SS系統(7/9頭)もTurn to系統に括ると8/9頭

有馬記念・日経新春杯・香港からの参戦馬

G1複勝実績のある馬

Kyoutokinen

-結論:京都記念の推奨馬-

ヒルノダムール 牡5 藤田

マンハッタンカフェ/ラムタラの配合。SS系統を父に持ち、有馬記念からの参戦、天皇賞・春実績のある馬。斤量不安も他の出走馬よりも該当項目が多い点に注目。

まぁ、このレースは少額で見るレースでしょう。

 

にほんブログ村 トラコミュ 京都記念 データ分析へ 京都記念 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 共同通信杯 データ分析へ 共同通信杯 データ分析

 

2012年2月11日 (土)

デイリー杯クイーンC【2012】結論:推奨1頭公開

東のクラシック候補の決定戦です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第47回 クイーンカップ(GIII)へ 第47回 クイーンカップ(GIII)

 

-本論:クイーンCの適性群-

母父SS系統(過去5年で6/15頭)、全SS系統配合馬は11/15頭。

中山1600m好走馬(特別戦)

牡牝混合戦好走馬

外枠・差し馬

Pic_mainvidsual

-結論:クイーンCの推奨馬-

本命:プレノタート 牝3 後藤

“ジャングルポケット/ダンスインザダーク”の配合。今年は中山16芝混合戦実績のある馬がいませんでしたので、枠順・脚質⇒血統面から入りました。

プレノタートは「7枠13番の差し馬」で過去好走馬の多い「母父SS系統」配合馬でした。中山16芝実績を母父ダンスインザダークで補填できるととらえ本命推奨。

シルク会員の出資者のみなさんは力が入るところ。

この馬からの馬単マルチ、3連複1頭軸Boxなどを推奨します。

 

にほんブログ村 トラコミュ クイーンC データ分析へ クイーンC データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 共同通信杯 データ分析へ 共同通信杯 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 京都記念 データ分析へ 京都記念 データ分析

 

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~