« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

ダービー卿CT【2012】結論…血統推奨馬

安田記念へ向けて、古馬マイル重賞です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第44回 ダービー卿チャレンジT(GIII)へ 第44回 ダービー卿チャレンジT(GIII)

 

-過去の好走血統-

昨年は阪神開催で、阪神マイルは外回り長い直線なので中山マイルとは一線を画します。当ブログでは2010年までの傾向を把握し、絞っていきたいと思います。

過去の血統を見てまず、マイネルファルケのリピート好走に目がいきます。マイネルファルケはRoberto/Vice Regentの配合なので少しダート寄りの配合。この時期の中山マイルは少しPWの要る馬場という印象をうけます。

過去の好走馬を見ても、

タケミカヅチ、マヤノライジン、ドラゴンウェルズなどダート適性のある父にNorthern Dancerを母系で配合している馬になります。

今年のレースでも同じ配合馬を探していきたいです。

Pic_mainvidsual_2

-ダービー卿CT【2012】血統推奨馬-

タガノエルシコ 牡7 三浦

マヤノトップガン/ダンスインザダークの配合。ダート適性の高いRoberto系統マヤノトップガンにNijinskyの影響力の強いダンスインザダークを配合し、比較的当レースの適性の高い配合になっています。しかしながら本来はダンスインザダークをNijinskyとして捉えるよりもきっちりと系統でNorthern Dancerを配合している馬を狙った推奨が本質ですが、そういった血統適性の中央に位置する馬がいなかった点も伝えておきます。

差し馬なので、馬単マルチの相手数頭で構成したいレースに該当します。

 

にほんブログ村 トラコミュ 産経大阪杯 データ分析へ 産経大阪杯 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ ダービー卿CT データ分析へ ダービー卿CT データ分析

 

産経大阪杯【2012】結論…血統分析からの推奨

過去、ダイワスカーレットやカンパニー、メイショウサムソンなど天皇賞・秋で好走しやすい超A級馬が人気通りに実績を示してきたレース。

但し、斤量に負担がかかりやすい馬が取りこぼしていくレースでもあり、軸馬選定、券種選定という点では慎重になります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第56回 産経大阪杯(GII)へ 第56回 産経大阪杯(GII)

 

では、血統分析からの結論に入ります。

-過去好走血統の特徴-

過去の産経大阪杯をみると、3年では6/9頭がSS系統馬になりその存在の大きさは言うまでもありません。しかしメイショウサムソンやカンパニー、一昨年のテイエムアンコールなど、一流の実績馬や馬場が特殊な場合はこの限りにあらずといった印象で、一概にSS系統で括ってしまうと危険です。

-「Turn to/Nijinsky」配合の上昇-

過去2年の特徴はSS系統/Nijinskyの配合馬が好走傾向にあります。Turn to という大きな幹で括ったのは一昨年のテイエムアンコールの存在があるからです。

2012 ヒルノダムール(SS系統/Nijinskyの配合)

2012 ダークシャドウ(父:ダンスインザダーク)

2011 テイエムアンコール(母系BT/Nijinsky)

以前にもマッキーマックスやスズカマンボの好走がありましたが、近2年の上昇血統なので生かしたいです。

Pic_mainvidsual

-血統分析2頭公開-

フェデラリスト 牡5 横山典 

エンパイアメーカー/SS(Nijinsky)の配合で、過去2年の好走血統に該当します。そして母がダンスパートナーなのでダンスインザダークの全姉、スズカマンボの近親と過去好走血統、好走馬とも合致します。

父:エンパイアメーカーはMr.Pro/NDの配合で、アメリカ実績馬。こういうタイプはサンデーサイレンスやエンドスイープなどと同じですが、対配合のNDがEl Gran SenorなのでかなりPWに偏っている血統です。現在の降雨による馬場レベルの悪化、開催が進んだ阪神競馬場、洋芝と好走しやすい特徴は揃っています。

メイショウカンパク 牡5 川田

グラスワンダー/SS(Blushing Groom)の配合。母父SSがダンスインザダークなので魅力があり、父:グラスワンダーも大きく括るとTurn to/NDの配合になります。小回りの持久力レースになれば後方から飛んでくる印象が強いので忘れた頃、ラスト50mの大外からの強襲に期待です。フェデラリストを推奨しているので、相手は人気薄が期待できる馬。当馬は該当します。

あと手を伸ばせば、スペシャルウイーク産駒のナリタクリスタル。後の天皇賞・秋で好走する馬がこのレースで好走している点から逆のトーセンジョーダンですが斤量がどうでるかにも注目です。

まぁ、馬単マルチで人気薄に流し、あわよくば万馬券というレースでしょう。

 

にほんブログ村 トラコミュ 産経大阪杯 データ分析へ 産経大阪杯 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ ダービー卿CT データ分析へ ダービー卿CT データ分析

 

2012年3月25日 (日)

高松宮記念【2012】結論:1発回答のレース

 

にほんブログ村 トラコミュ 第42回 高松宮記念(GI)へ 第42回 高松宮記念(GI)

 

-高松宮記念【2012】結論-

本命:サクラゴスペル 牡4 ピンナ

人気2頭(カレンチャン、ロードカナロア)がPW系Northern DancerとNasrullahの影響を受ける配合になるので、過去2年や秋のスプリンターSの適正群を持つ馬。

となると、妙味はSPのあるSS系統馬から入りたいと思います。但し、今開催の馬場レベルを考えると時計の掛る競馬が続いているPW志向が強い点もポイント。父:サクラプレジデントは現役時代の洋芝実績が抜群で、母系統:Hail to Reason/Seatlle Slewの配合はPW競馬で柔軟にキレる特徴のある配合です。

今開催の馬場レベルに合うSS系統になります

初の重賞挑戦での1発回答に期待。

 

にほんブログ村 トラコミュ 高松宮記念 データ分析へ 高松宮記念 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 今週の競馬情報へ 今週の競馬情報

 

にほんブログ村 トラコミュ データ攻略&予想へ データ攻略&予想

 

2012年3月24日 (土)

毎日杯【2012】結論:PW系統からが理想的

週中に考察をしているので、比較的簡単に結論へ入ります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第59回 毎日杯(GIII)へ 第59回 毎日杯(GIII)

 

-毎日杯【2012】結論-

配合面での黄金配合はSS系統にNasrullah配合馬になります。そしてそのSS系統は、人気のディープインパクトやスペシャルウイークなど比較的スタミナよりのSS後継種牡馬よりもアグネステキオンやフジキセキのように1200m、1600m戦でも活躍馬を輩出できるPWSPのある馬の好走が目立つ特徴のあるレースです。

本命:アドマイヤブルー 牡3 川田

阪神開催の当レースで人気薄で複勝圏内へ激走している2頭と同じ父:キングカメハメハ産駒/母:SS系統(フジキセキ)。

相手候補:エアソミュール 牡3

母父SS系統で父が母系で好走群を持つNasrullah系統馬。すなわち裏黄金配合です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 毎日杯 データ分析へ 毎日杯 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 日経賞 データ分析へ 日経賞 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 高松宮記念 データ分析へ 高松宮記念 データ分析

 

2012年3月21日 (水)

高松宮記念【2012】序論:続くか、逆転か

今週末は電撃の6ハロン:高松宮記念です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第42回 高松宮記念(GI)へ 第42回 高松宮記念(GI)

 

-序論:続くか、逆転か-

旧コースの1200m戦では『マイル実績のあるSS系統差し馬⇒洋芝実績のあるPW系統馬』への傾向の変化が2008-2009年に起こりました。

Hペースで展開して後続も脚を使う状況、なおかつ短い直線。この条件で差し切れるのがマイルー中距離実績のあるSS直仔の特徴でしたが、直仔の絶対数の少なさが顕著になった2009年以降はPW系統馬の粘り込みが増しました。

これは短い直線で差し切れるほどのSS系統馬がいない点が大きなポイントで旧コースが続けば続く限り続いたはず。但し、新装後の中京競馬場は直線が314m⇒412.5mと約100m伸びたことで、SS直仔ほど爆発的なSPがなくてもSS後継種牡馬の差し込みが届くのではないかとの思いもあります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 今週の競馬情報へ 今週の競馬情報

 

にほんブログ村 トラコミュ データ攻略&予想へ データ攻略&予想

 

-2012年:高松宮記念-

想定オッズでの1番人気:ロードカナロア、2番人気:カレンチャン。

共にNorthern Dancer系統を根幹とした配合、カレンチャンはスプリンターズSを制しているので、傾向的には『2009年以降の傾向』です。

となると妙味は100m伸びた直線を生かした、『2005-2008年の傾向=SS系統の差しこみ』になるのではないでしょうか。

 

にほんブログ村 トラコミュ 高松宮記念 データ分析へ 高松宮記念 データ分析

 

 

2012年3月20日 (火)

毎日杯【2012】血統分析:必要不可欠な系統

今週の3歳重賞は毎日杯です。

皐月賞最終便というよりも、ある条件を満たす馬は東京優駿で買いたいというレースになります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第59回 毎日杯(GIII)へ 第59回 毎日杯(GIII)

 

-過去3年の血統配合分析-

Photo

過去3年複勝圏内9頭、3番人気以内で複勝圏外の3頭をみると、血統面で大事にしたい明確な特徴が現れます。

父:SS後継種牡馬が6/9頭、キングカメハメハ産駒が2/9頭、シンボリクリスエス産駒1/9頭になりますが、キングカメハメハ産駒の対配合はSS系統なので、含めるとSS系統配合馬が8/9頭になります。

まずはこの系統が大前提になります。

そして、母系統での注目はNasrullah系統が4/9頭になります。母父SSと共に覚えておきたい特徴です。

-SS後継種牡馬の中の序列-

アグネスタキオン、フジキセキと比較的、父SSに近い好走群を持つ少しPWに偏った後継種牡馬が制しています。ディープインパクト産駒やダンスインザダーク産駒などは人気よりも着順を落としていますので 「スタミナ<パワー」というイメージになります。

-人気薄激走:「キングカメハメハ/SS」配合馬

過去4番人気2着、12番人気2着と激走しています。但し、2010年は「キングカメハメハ/トニービン」が1番人気で5着と飛んでいますので父、母というよりは父/母の配合の場合というとらえ方でしょう。逆に2011年にディープインパクト産駒が勝ちきれなかった点、2010年1番人気3着のリルダヴァル、2009年3番人気4着馬は共にLyphard配合馬で着順を落としています。この点も押さえておきたい。

-2012年特別登録馬で上記、特徴に該当する馬は-

ビービージャパン 牡3

 が該当します。「アドマイヤジャパン/トニービン」の配合。スプリングSからの連闘になりますが、もしも出走してきそうであれば押さえておきたい配合です。

もしこの時期の少し重たい阪神1800m戦で行われる3歳春の重賞で差し切れるSS系統馬は大舞台に直結する可能性が高まります。そういう意味では逃げ粘り込みが現状のビービージャパンが差し込んでくればとも思いますがどうでしょうか。

 

にほんブログ村 トラコミュ 毎日杯 データ分析へ 毎日杯 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 高松宮記念 データ分析へ 高松宮記念 データ分析

 

2012年3月18日 (日)

阪神大賞典・スプリングS【2012】結論:

簡単に公開します。

 

にほんブログ村 トラコミュ 今週の競馬情報へ 今週の競馬情報

 

ディープインパクトの始動戦も力の要る馬場、今年のオルフェーヴルのリンクします。その時の阪神大賞典は強気に進めたトウカイトリックの激走でした。

-阪神大賞典【2012】適正群・結論-

Northern Dancer系統(Roberto系統内包馬)

長距離実績、逃げ・先行馬

-阪神大賞典結論:展開利と配合の妙-

かなり厳しいレースになりますが、打倒オルフェは 本命:ナムラクレセント 牡7 和田竜 に託します。2011阪神大賞典、少し離した逃げを打てる点、3~4角でスパートしての差し込み待ちをできる和田竜の腕に期待です。【実績】【展開】面の適正群を持ちます。そして、血統面で評価をしている コスモヘレノス 牡5 柴田大 に配当面を期待します。適正群:「Roberto/Northern Dancer」の配合、過去好走馬の血統配合を合致します。

 

にほんブログ村 トラコミュ 阪神大賞典 データ分析へ 阪神大賞典 データ分析

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-スプリングS【2012】適正群・結論-

小回りPWレース好走馬(先行抜け出しが理想)

Northern Dancer系統配合馬

-スプリングS結論:3強崩しー

本命:マイネルロブスト 牡3 武豊 血統適正群のNorthern Dancer系統を父、母に配合している点が際立ちます。グランテッツァが制した札幌2歳Sで0.1差3着。朝日杯FSで45.9-47.5という流れで2着に粘りこんでいます。3番を引いたので今回もラチ沿い番手追走抜け出したい。 グランデッツァ 牡3 デムーロ 今回と同じ馬場特徴であった札幌未勝利戦、札幌2歳S(36.4-37.8-36.6)の競馬が秀逸です。血統適正群の母系統:Northern Dancerを配合馬している点、3強の中で一番です。3角~捲り気味に進出したい。

そして重馬場を待っていた陣営、血統を誇るのが バンザイ 牡3 後藤浩 です。父:タイキシャトルが重馬場中山1800mで抜群の実績を誇ります。京都1600m内回りで粘りこんだ実績もあり、注意は必要。

 

にほんブログ村 トラコミュ スプリングS データ分析へ スプリングS データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 厳選軸馬、勝負レース公開。へ 厳選軸馬、勝負レース公開。

 

2012年3月16日 (金)

フラワーC【2012】結論:出し惜しみのない逃げを

桜花賞最終便です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第26回 フラワーカップ(GIII)へ 第26回 フラワーカップ(GIII)

 

-フラワーC【2012】適正群-

フラワーCの特徴がコーナーが4つある点です。これまでの牝馬重賞のゆったりとした流れとは違い、ペースが速くなりやすい傾向。前半速めのラップを先行して押し切った経験のある馬が狙い目になります。

差し馬では追走に脚を使うためスタミナが必要になります。

血統面ではSS系統が瞬発力の違いを見せつけるレースではない点もポイントです。

Pic_mainvidsual

-フラワーC【2012】結論:出し惜しみなく淀みなく-

ヘレナモルフォ 牝3 北村宏

5戦中4戦が重馬場以上で「2-1-0-1」の成績、複勝圏外も4着で12番人気でした。脚質的にも逃げ馬で、当該コースより1ハロン長い2000m戦で持久力戦になったレースを逃げ切った実績にも注意。

血統面でもPW要素の強いジャングルポケット産駒、根幹系統はGrey Sovereign/SS(対配合がNureyev/Danzig)なので当レースの適性に合致します。

 

にほんブログ村 トラコミュ フラワーC データ分析へ フラワーC データ分析

 

 

にほんブログ村 トラコミュ スプリングステークス データ分析へ スプリングステークス データ分析

 

 

2012年3月14日 (水)

スプリングS【2012】血統分析…3強の得意舞台でHレベル戦

今週末の注目は皐月賞前哨戦:スプリングSです。

では血統分析に入ります。いつも通りナナメ読み程度でお願いします。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第61回 スプリングステークス(GII)へ 第61回 スプリングステークス(GII)

 

-スプリングS【2012】血統分析-

●シンボリクリスエス超A級配合:アルフレード

朝日杯FSで述べた血統分析をそのまま引用します。

基本配合は、“シンボリクリスエス/SS”なので父・母の根幹にHail to Reasonを配しています。このような濃いクロスになると距離適性は短く出るので1800m芝ベストの配合です。

あとは芝に寄るかダートに寄るかですが、

母父SSの特徴としてはその対配合に何を配合しているかがポイントで、PW血統であればダート路線、Nasrullah系統であれば芝向きだと捉えています。(この傾向はキングカメハメハ産駒なども同じ傾向です。)

アルフレードの母系はSS/Nasrullah配合なので理想的な配合。先行有利な朝日杯なので差し切れれば『シンボリクリスエス産駒の最高傑作になる可能性あり』。

⇒と朝日杯の分析です。

個人的には、軽い馬場の東京1800m戦で最もパフォーマンズを上げるタイプ”だと思うので、現在の荒れた中山芝では意外と苦戦する可能性はあります。良馬場でやりたい。

 

にほんブログ村 トラコミュ スプリングステークス データ分析へ スプリングステークス データ分析

 

●荒れた馬場、1800m戦で上昇:グランデッツァ

父:アグネスタキオンに母父でラストタイクーン系統(/Habitat)の配合。父はPW寄りのサンデー後継種牡馬で母系の配合がポイント。

母系はパワー系統に柔らかさを配合しているのでクラシックというよりは朝日杯圧勝のアルフレードと同じ適性距離で“1800mでキレを活かすタイプ”違いはおそらくアルフレードは軽い馬場の東京向き、グランデッツァは荒れた馬場の1800m芝向き。距離適性は同じ、馬場適性はグランテッツァという感じです。

 

●溜めずにHペースで引っ張ってこそ:ディープブリランテ

ディープインパクトはSS/Lyphardが根幹配合になるので、瞬発力というよりは強引に捲りきって粘り込みを図るのが最も理想的だと考えています。当馬は母系にも薄くではありますがLyphardを配合し、根幹は粘りのRiverman。より顕著にディープインパクトの特徴を反映できそうです。

“後続に脚を使わせて、粘り込みを図る競馬が理想的”で前走は少し溜めましたが、行かし切る方が特徴は活きます。重馬場も十分こなせますし、強い逃げ馬の誕生に期待。

 

-スプリングS【2012】血統分析、結論-

まずは当日の馬場状態に注目です。現状でもかなり馬場が荒れている中山競馬場なので、2歳王者アルフレードは少なくとも良馬場でやりたい。逆にグランデッツァは力の要る馬場で上昇できる血統、ディープブリランテも力の要る馬場でも好走できる配合、個人的にはHペースで逃げてほしい。

3頭とも1800mが距離的にはベストの距離。

皐月賞前哨戦でこれだけのメンバーが揃うと、

『Hペースでディープブリランテが逃げ、アルフレードが番手で荒れ馬場を我慢して追走、3角から4角で捲り先頭に並びかけ、直線は3頭横一線、マイネルロブストなど皐月賞で主役を狙う馬も抜け出しを狙う』という前哨戦以上の戦いになることを期待しています。

人気薄の馬では、良馬場で当日軽い血統が好走しているようだとアルフレードに光。となると若葉Sが本線ですが、アルフレードと同じ配合特徴のあるディアデラバンデラも名を連ねるようだと押さえておきたい。

 

にほんブログ村 トラコミュ スプリングステークス データ分析へ スプリングステークス データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ フラワーカップ データ分析へ フラワーカップ データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 阪神大賞典 データ分析へ 阪神大賞典 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ ファルコンステークス データ分析へ ファルコンステークス データ分析

 

2012年3月11日 (日)

ハルシュタット デビュー戦【24.3.10】は健闘の3着

Untitled2

愛馬:ハルシュタット 牝2 清水出美厩舎

が待望のデビュー戦を迎えました。結果は少し離された3着でした。

 

にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主クラブ「キャロットクラブ」へ 一口馬主クラブ「キャロットクラブ」

 

10日の阪神競馬ではまずまずのスタートから好位につけて追走。手応え良く4コーナーで先頭に並びかけ、直線の追い比べに持ち込んだが3着まで。「返し馬からいいフットワークを見せていて、いい感触だったのですが、レースに行くと外へ外へ逃げていました。このあたりは初めての実戦でしたし、使いつつ解消していくと思います。レース振りからなかなかのセンスを感じましたし、次が楽しみですね」(幸騎手)「速い調教はそれほど本数を乗っていたわけではありませんが、デビュー戦ですし少し余裕をもって送り出しました。直線で前と離されてしまいましたが、初めての競馬ということを考えれば決して悪い走りではなかったと思いますし、一度使ったことで次はもっと競馬がしやすくなるでしょう。本日は中京競馬場に臨場しているためにまずは馬の状態をしっかりと見たいと思いますが、まだ脚元が固まっていないために負担のかかりやすいところがありますから、より慎重に今後の事を考えていきたいですね」(清水出師)まだビッシリとは仕上げておらず、良化の余地を十分に残してのデビューでしたが、すんなり好位につけてセンスの良さを示してくれました。外に逃げていたとのことですし、レースを経験しての上積みも見込めるでしょうから、今後が楽しみなレースだったと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

厩舎コメントにもあるように、まずは怪我をせずに次走に向けての準備に入れればと思います。

 

にほんブログ村 トラコミュ 2009年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2009年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分なりにレース分析をしてみます。

Harusyutatto

(3月4日未勝利戦 スズカジョンブル 稍重、3月11日未勝利戦 ジョウノメジャー 重)

ハルシュタットが3着だった2,3月の阪神1400mダート戦(新馬・未勝利)を分析しました。

阪神1400mダート戦は、ほとんどのレースがラストに向けて時計が掛かる展開なのですが、 先手争いで速くなる2ハロン目を除いたラップでハルシュタットのレースだけがラスト1ハロンが最速時計を計時するレースでした。これは異質の展開で他の2レースよりも1000mを1.2秒遅く流れたレースなので、ラストの競馬になったと考えればそれまでですが、

ラスト1ハロンでいっぱいになったハルシュタットはもしかすると距離適性が少し短く1200mベストなのか、逆に通常通りの1400m戦で粘るタイプなのか

調教が実際2本だけでしたので、本来はもっと粘れるのかもしれませんし、初戦だけではまだまだ分かりませんが、もう一度1400mダで挑むのか、スピードを活かしにいくのか。脚元を考えると芝戦は考えづらいので厩舎の次走選択には要注目です。

あと当日のポラリスSの的中馬券、2年連続的中です☆

P2012_0310_154529

 

にほんブログ村 トラコミュ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2010年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

にほんブログ村 トラコミュ 2009年度産:キャロットクラブ募集馬情報へ 2009年度産:キャロットクラブ募集馬情報

 

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~