« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

テンシンランマン【carrot club】勝負の1戦を大事に制す。

愛馬:テンシンランマン 牝3 伊藤伸厩舎

優駿牝馬出走という“夢”に向けての大事な1戦、勝負の1戦を勝春騎手を背に

大事に大事に制しました。

ではキャロットクラブのコメント後、自身の感想、分析を述べていきます。

 

にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主クラブ「キャロットクラブ」へ 一口馬主クラブ「キャロットクラブ」

 

23日の中山競馬ではまずまずのスタートから好位に付ける。勝負どころを楽に上がって直線で抜け出すとそのままの勢いを保って優勝。「前走、前々走とスタート後や道中に不利を受けて不完全燃焼なところがありましたし、今日はキッチリと勝てて良かったです。右回りで追い切りを行った時に跨がったのですが、その時は若干右にモタれるところがあったんです。だからそのあたりが実戦でどうかなとは思っていたのですが、今日は少し右に来るところはあったものの許容範囲内のものでした。厩舎の方にハミを上手く調整してもらったことが大きいですね。ここまでの走りからも力は感じていますし、今後もさらに楽しみになりました。今日はありがとうございます」(田中勝騎手)「追い切りの時は普通のハミを用いていたのですが、それだと気になるところもありましたから、今日はより制御が強いリングバミで臨みました。ここまで戦ってきた相手が強い馬ばかりでしたからここでも十分に勝負になるとは思っていたものの、初めての右回りだけがどうかと思っていました。結果的にモタれはそれほど酷くはなかったですし、何より先頭でゴールしてくれましたからね。ここのところのモヤモヤを振り払うかのような素晴らしい走りを見せてくれて素直に嬉しいですね。またできるだけ早い時期にふたつめの勝利を収められたことで次につなげやすくなりました。もちろんこの後が楽しみになりましたが、以前に作った傷が完全に乾燥しているわけではないですし、今日はそれなりに走ったことを考えても、レース後の状態次第でどうするか決めていきたいですね」(伊藤伸師)この時期に500万下クラスを卒業しているとしていないでは、それこそ春の大きな舞台へ向かうためにも大きな差ですし、右回りでもキッチリと結果を残せたことは嬉しい限りです。この後はレース後の状態や目標のレース次第で放牧を挟む可能性はありますが、次走でもこの馬らしい走りを期待したいところです。

-勝負の1戦-

勝春騎手のブログでも登場し何とか2勝目をという意気込みが伝わり迎えた年明け500万下2戦目、1月のレースでも直線抜け出し勝ったと思った瞬間にカミノタサハラの強襲にあい惜敗。牡馬相手のレースと考えると十分走れる子だという印象をあたえてはくれましたが、今回の出走は結果を求められるレースになりました。

1番人気での出走。

レースは4番手追走から進め、4角で人気の1頭:ディープストーリーの手応えがあやしくなり、テンシンランマンをワンマークしていた横山典騎手騎乗のセキショウとの一騎打ちモードに。直線の追い合いの中、一瞬外からきた3着馬に差されるかもとも思いましたが、先頭でゴール。

“内容より結果”

勝負の1戦で4角2、3番手からの直線抜け出し。

一番能力を出せる競馬を“大事に大事に”試みた勝春騎手には感謝。このレースで今までと違う乗り方で負ければショックが大きかっただけに納得の騎乗でした。

一応、競馬ブログなので、ラップ比較も少し。

 

にほんブログ村 トラコミュ 今週の競馬情報へ 今週の競馬情報

 

Photo

過去、同時期に開催された3歳500万下(中山1800m戦)のラップ表です。

ダービーフィズやサンテミリオン、テイエムオオタカ、サトノエンペラーなどが制していますが、勝ち時計は真ん中、中盤に12.5が4ハロン続いたのですが、13秒台もなしと淡々としたレース展開、出し入れもなくといって極端に緩むこともなくといったレース。最後の1000mは58.2で走破(3ハロン12.5-11.4-11.8 計35.7)テンシンランマンの上がりは35.4でした。

ラストの急坂での11.8が粘り切った要因でテンシンランマンの勝負根性、持久力という印象でしょうか。

これは調教で見せる“最後までバテない”という特徴そのままではないでしょうか。

次は、フローラSか別かは分かりませんがとにかく水曜日のコメントで脚元に問題ないことを確認したい思いが今は一番です。

中山記念・阪急杯【2013】結論:適正群の把握

明日の重賞の予想です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 中山記念(GII)へ 中山記念(GII)

 

-中山記念の傾向と適正群-

良馬場開催の中山記念の特徴を考察すると、まず目につくのは“SS/Mr.Prospecter”の括り。そして気にしたいのが“一定のSPを感じながらも小回り向きな配合をしている馬”という点になります。

“SS/Mr.Prospecter配合馬で小回り向きそうな配合”

中山金杯、AJCC、中山記念そして日経賞と冬~春にかけての古馬中山中距離戦はマイスターと呼ばれる馬の出走もあり、難しいのですが上記ポイントを的中の近道として考えて見たい。

-中山金杯【2013】適正群推奨馬-

本命: ダノンバラード 牡5 ベリー

前走が後味の悪い競馬になった当馬にキレイな形での重賞連勝を期待しました。

SS/Mr.Prospecter配合馬で母系にHaloが入る形はヴィクトワールピサを同じになります。Haloのクロスはグリップの良さを伝えるので長い直線で爆発力を活かすよりは小回りでこそ。

相手本線は、父:Lyphard/Ela-Mana-Monで小回り向きの器用さを持つシルポート。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

にほんブログ村 トラコミュ 阪急杯(GIII)へ 阪急杯(GIII)

 

-阪急杯の特徴と適正群-

血統面の特徴は、PW型ND系統(Deputy Minister、Danzigなど)が主流で、次いでGrey Sovereignなどになります。対配合の特徴もPW型で固めているか、1400mダートで好走馬を多数輩出しているSS系統などになり急坂の阪神競馬、やはりキレよりも押し切るPWを備えた馬でしょう。

実績面については強調はできませんが、阪神・中山、ダートなどの実績があれば。

“阪神急坂を押し切るPW系統を狙う”

-阪急杯【2013】適正群推奨馬-

本命: シゲルスダチ 牡4 池添

クロフネ産駒シゲルスダチに期待。母父:BTはダートでも活躍馬を輩出するPW型で狙っている位置づけの血統になります。人気薄ですが母系配合がSS/RobertoなのでHail to Reasonのクロスなので一発の爆発力があります。ロードカナロアに立ち向かれる馬はこういった爆発力のある馬でしょう。

まずはロードカナロアとの馬連、そして夢は馬単でしょう。

 

にほんブログ村 トラコミュ 中央競馬 追い切り情報へ 中央競馬 追い切り情報

 

にほんブログ村 トラコミュ 調教・馬体・パドックのおすすめ馬◎情報へ 調教・馬体・パドックのおすすめ馬◎情報

 

2013年2月23日 (土)

アーリントンC【2013】・・・粘り、重たさを感じれる配合馬

簡単に予想を公開します。

 

にほんブログ村 トラコミュ アーリントンカップ(GIII)へ アーリントンカップ(GIII)

 

-アーリントンC【2013】傾向と適正群-

近年、阪神1600m戦3歳春のレースの特徴を読み取ると、

少し短めの距離、特に1400m戦で好走し距離を200m伸ばした先行馬が粘り込む印象が強い。血統面でSadler's WellsやDanzigなどスタミナやパワーに秀でた配合馬とSS、Mr.Prospecterなどの組み合わせが狙い目になります。

“1400m戦で好走し血統面で重たさを感じることのできる配合馬”

が適正血統ではないでしょうか。

-アーリントンC【2013】適正群推奨馬-

本命: カオスモス 牡3 内田博

狙いは1番人気が予想されるカオスモスにそのまま期待しました。1400m戦勝ち上がりが少ない今年の出走メンバーの中、脚質が先行で新馬戦で強い競馬をしている当馬。

血統面でも母系配合でファルブラヴを配合しスタミナ、パワーを補填しています。父:Mr.Prospecter/母:ND系統は激走血統でもありますし、人気そのまま乗っかります。

 

にほんブログ村 トラコミュ 中央競馬 追い切り情報へ 中央競馬 追い切り情報

 

競馬回顧10・・・フェブラリーS・小倉大賞典

フェブラリーS・小倉大賞典の結果

フェブラリーS(芝実績でSPを確認し血統面でそのSP持続するPWを見る)

シルクフォーチュン 5番人気5着

小倉大賞典(2000m戦好走馬で新潟2200mで好走するような重厚さのある配合)

ヒットザターゲット “6番人気1着”

総頭数

成績 単勝配当 複勝配当
本命頭数 16頭 1-2-2-11 1060円/1600円 1980円/1600円

ようやく推奨馬の1着がきました。

直線、内からの差し切り、適性もこうですが騎手の好判断も見逃せません。

2013年2月17日 (日)

フェブラリーS・小倉大賞典【2013】結論:適正群の把握

遅くなりましたが、結論を公開します。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第30回 フェブラリーステークス(GI)へ 第30回 フェブラリーステークス(GI)

 

-フェブラリーS【2013】の傾向と適正群-

前半が速くなりそうなメンバー構成。差し馬台頭のフェブラリーSと解く。近年の好走馬の特徴をみると、アメリカ血統配合馬(Seattle Slew、Mr.Prospecterなど)の好走が目立ちSS系統でもフジキセキやゴールドアリュールなどPW要素の強い馬が上昇しています。

そしてもう一つの注目点が走破時計になり、ダート戦ながら35秒をめぐる戦い。SPが求められるので芝実績が重要です。

“芝実績でSPを確認し血統面でそのSP持続するPWを見る”

-フェブラリーS【2013】の適正群推奨馬-

本命: シルクフォーチュン 牡7 横山典

PW型SS系統:ゴールドアリュール産駒の当馬に期待します。前半が速くなり差し馬台頭と解いたので昨年の1,2着馬に有利な展開、それでも逆転をイメージさせるのは最近の東京1600mダート戦の傾向。SS系統/PW系統配合馬の好走が目立つ点。

相手はテスタマッタ、イジゲン、マルカフリートなどへ。

 

にほんブログ村 トラコミュ 中央競馬 追い切り情報へ 中央競馬 追い切り情報

 

にほんブログ村 トラコミュ 調教・馬体・パドックのおすすめ馬◎情報へ 調教・馬体・パドックのおすすめ馬◎情報

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

にほんブログ村 トラコミュ 小倉大賞典(GIII) へ 小倉大賞典(GIII)

 

-小倉大賞典【2013】の傾向と適正群-

小倉1800m戦の特徴は前後半で差のないラップ、血統面ではNasrullahやNorthern Dancer配合馬が好走しています。

“2000m戦好走馬で新潟2200mで好走するような重厚さのある配合を狙いたい”

-小倉大賞典【2013】結論:2000m実績のある馬-

本命: ヒットザターゲット 牡5 大野

“キングカメハメハ/Grey Sovereign”配合馬の当馬に期待しました。新潟大賞典(35.3-35.9)など持久力、上がりのかかるレースでの好走が目立つ点が当レースの狙いだと考えています。

2013年2月11日 (月)

競馬回顧9…共同通信杯・クイーンC

共同通信杯、デイリー杯クイーンCの結果

共同通信杯(SS系統を配合しても重たい印象馬)ザラストロ 8番人気7着

クイーンC(中山向きの配合馬)ジーニマジック 8番人気3着

総頭数

成績 単勝配当 複勝配当
本命頭数 14頭 0-2-2-10 0円/1400円 1660円/1400円

今週はG1:フェブラリーSになります。

勝ち馬を予想できていないので、何とかの気持ちいっぱいです。

2013年2月 9日 (土)

共同通信杯【2013】結論:重たさの感じるSS配合馬

共同通信杯の予想を公開します。

-共同通信杯【2013】の傾向と適正群-

近年の東京1800m戦の特徴を考察すると、ダンスインザダーク、ハーツクライ、ディープインパクトの人気以上の好走が目立ちます。優秀な繁殖牝馬を交配相手に迎えることのできるディープインパクトを除き、他2頭はこのコースで特に上昇する血統としての位置づけになります。

そして対配合にみられる特徴もND系統を初めに少し重たさの感じることのできることが理想的。“SS系統の中での最低限SP、最もスタミナを感じることのできる馬”を狙いたいレース。

-共同通信杯【2013】結論:SS系統のスタミナ-

本命: ザラストロ 牡3 松岡正海

本命:ザラストロは母父SS系統で根幹が「ホワイトマズル/ダンスインザダーク」になります。ダンスインザダークは先述のとおり近年の東京1800m戦での好走血統ですし、SS系統で最もスタミナ傾向が強い。父:ホワイトマズルも菊花賞馬:アサクサキングスや天皇賞馬:イングランディーレを輩出しているスタミナND系統。より特徴の生かせる舞台での激走に期待です。

 

にほんブログ村 トラコミュ 京都記念 データ分析へ  京都記念 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 共同通信杯 データ分析へ  共同通信杯 データ分析

 

デイリー杯クイーンC【2013】結論:活かしたい要素

遅くなりましたが、結論を公開します。

 

にほんブログ村 トラコミュ 第48回 クイーンカップ(GIII)へ  第48回 クイーンカップ(GIII)

 

-デイリー杯クイーンC【2013】結論:騎手以外は完璧です-

本命: ジーニマジック 牝3 ブノワ

東京マイル戦:外国人騎手だと少し不安にはなるのですが、ジーニマジックに期待しました。この時期の東京マイル戦の傾向を血統面から読み取ると、

“広い東京でこその馬”よりは“小回り向きの馬”の好走が目立ちます。

本命: ジーニマジックの特徴は「ダイワーメジャー/Lyphard(Hyperion)」の配合で元来、中山向きPW血統の父にさらに母系でも力強さを補填。中山2000m戦で輝けるタイプ。この中山で輝けるタイプでこその馬が狙い目です。実績面では東京マイル戦を勝ち上がっていますし申し分なし、ただ外国人騎手ブノワが難しい東京コースを乗りこなせるかだけです。

【point】現時点での1番人気は昨秋にアルテミスSを制したコレクターアイテム 牝3 浜中 ですが、当馬は“東京でこそ”の馬。少し嫌したい気持ちがあります。

 

にほんブログ村 トラコミュ クイーンC データ分析へ  クイーンC データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 京都記念 データ分析へ  京都記念 データ分析

 

にほんブログ村 トラコミュ 共同通信杯 データ分析へ  共同通信杯 データ分析

 

2013年2月 5日 (火)

競馬回顧3…8重賞結果

8重賞(京成杯・京都牝馬S・AJCC・東海S・根岸S・シルクロードS・東京新聞杯・きさらぎ賞)の結果

総頭数

成績 単勝配当 複勝配当
本命頭数 12頭 0-2-1-9 0円/1200円 1250円/1200円

なかなか1着馬を予想できていません。

2月戦線、確変を期待します。

2013年2月 3日 (日)

東京新聞杯・きさらぎ賞【2013】結論:適正群の把握

 

にほんブログ村 トラコミュ 競馬ブログへ 競馬ブログ

 

遅くなりましたが、簡単に。

Pic_mainvidsual_2

 

にほんブログ村 トラコミュ 東京新聞杯 データ分析へ 東京新聞杯 データ分析

 

当レースのポイントはSS系統をまずは配合できているかどうか。そして2月東京1600m戦の特徴としてSS系統の中でも小回り18-20芝で好走できるような配合馬を狙いたい。

テレビ山梨杯 1600m芝(リンゴット8番人気1着) “デュランダル/Indian Ridge”

小倉2000m(小倉記念)や中山2000m(七夕賞)を制したイタリアンレッドと同じ母親になります。土曜日のこのあたりが参考レースでしょう。

■適正群推奨馬…主戦騎手の想いを胸に■

本命: ダイワマッジョーレ 牡4 丸田

ダイワメジャー/Law Society(Hyperion)の配合で元来小回り向きのダイワメジャー産駒にPW血統を配合し中山18-20芝向き。ラスト1200mを1分10秒7で走破した金鯱賞も秀逸です。近年、有力馬が有力騎手に乗り替わりということの多い中、丸田騎手とオープンまで上りつめたその想いに期待です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いてダービー好走馬続々輩出のきさらぎ賞の予想です。

Pic_mainvidsual

 

にほんブログ村 トラコミュ きさらぎ賞(GIII)予想へ きさらぎ賞(GIII)予想

 

きさらぎ賞に関わらず『京都1800m戦=ディープインパクトという構図になりつつあります。そして過去の勝ち馬:レインボーペガサスなどの印象が強いレースで可能な限りPW優先の芝・ダ兼用馬から入りたい。

■適正群推奨馬・・・兄がダート絶対王者■

本命: リグヴェーダ 牡3 浜中俊

本命はリグヴェーダになります。兄が現種牡馬でダート絶対王者:ゴールドアリュールである点とSS/Nureyevという配合は少し力のかかる1800m戦向きの配合。

あと気になるのが:

 

にほんブログ村 トラコミュ 中央競馬 追い切り情報へ 中央競馬 追い切り情報

 

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~