« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月16日 (土)

東京スポーツ杯2歳S[2013]結論:母父SSの力強さが重要で

東京2歳Sの予想です。

(血統面)

母父SS(できれば対配合にPW型)
母父ノーザンテースト
Mr.Prospecter系統


(実績面)

好位で上がり最速の競馬経験
1,800-2,000mでの好走歴が欲しい。

-結論-

本命 : クラリティシチー 田中勝
対抗 : リターンラルク 田辺
単穴 : イスラボニータ 蛯名
ヒモ穴: ラングレー R.ムーア


本命は クラリティシチー に期待します。
血統面では狙いの母父SS系統馬で前走も好位で競馬ができていますし、今回も好位で競馬のできそうな内枠を確保。直線我慢し上手く抜け出したい。

対抗は、リターンラルク 

最近はあまり見かけなくなった母父ノーザンテーストは東京1,800mでの狙いの血統。SS/NT配合馬というと中山1,800mや2,000mなど小回り向き。こういったタイプは東京スポーツ杯2歳Sで適性を示す印象。

単穴、ヒモ穴は上位人気馬から拾いました。イスラボニータは過去の好走馬で長く脚を伸ばし馬券対象になる馬の多くがGrey Sovereign配合馬という特徴がある点とそのGrey SovereignでのPW要素の強いCozzene配合馬。

人気馬で最上位の評価にしました。

ラングレーはSS/Storm Catの配合で近年のブランド配合です。後々は上級戦でという配合ですが、今回の舞台ではどうか。但しこれも高い評価です。


1番人気のサトノアラジンは新潟1600m新馬戦が鮮やかすぎて逆に嫌したい印象が強まりました。1600m戦よりは18-2000m戦経験馬という点からも。

予想は競馬ナンデで公開しています。

http://www.keibanande.net/

 

にほんブログ村 トラコミュ 東京スポーツ杯2歳S データ分析へ 東京スポーツ杯2歳S データ分析

京王杯2歳S・ファンタジーS[2013]結論(後追い)

京王杯2歳Sの予想です。

(血統面)

まず父系統の特徴では、

ST型Northern Dancer系統
Mr.Prospecter系統
Halo系統

そして母系統の特徴では、

Nasrullah系統
SS系統

が狙いになります。

そして当レースの特徴が父SS系統の不振になり、逆に 母父SSが狙い目 を真逆の特徴をもつレースです。

まとめると、

『父でSS系統のSP、瞬発力を生かすタイプよりもPWやSTのある血統馬が良く、母系でSSやNasrullahなど東京向きの柔らかさを補填している馬』

が狙い目です。

(血統指数)

自身がおおまかに出している指数の上位は、

ペガサスジュニア  25
マイネディアベル  23
ライアンセンス   19
アポロスターズ   17
テイエムキュウコー 13
カラダレジェンド  12


(実績面)

距離延長や距離短縮というよりもいかに持久力戦、一定のラップで推移した競馬で好走したかが狙いのポイントになりそうです。

全頭数戦しか実績はありませんが、狙いの馬が持久力戦好走馬であれば積極的にねらっていきたいレース。


-結論-

本命 : 2  ライアンセンス 牡2 石橋脩
対抗 : 8  モーリス 牡2 R.ムーア
単穴 : 10 マイネルディアベル 牡2 柴田大
ヒモ穴: 9  アポロスターズ 牡2 勝浦


[本命]はライアンセンスに期待を込めて。

血統面では母父SSがやはり魅力で、父:ジャングルポケット自身が少し頼りない感じは否めませんがトニービンの肌馬でNureyev配合馬。

少し馬場の重たい競馬で向くPWを備えた血統ですので、良しとしました。

実績面は、

前走、いちょうSの惨敗は中盤12.8‐13.2‐13.7
と東京1800m戦の特徴である中弛みラップで、そこからの瞬発力戦は京王杯2歳Sの適性とは合いませんので度外視できると思います。

それよりもライアンセンス自身の勝ち上がりである中山1600m未勝利戦の12秒台前後のラップを中盤追走2馬身ちぎったレースが狙いポイントで、
こういったラップ推移のレースの方が京王杯2歳Sの適性だと考えています。

[対抗] モーリス を相手本線にしました。

当馬は血統指数もそれほど悪くなく 6 ですので人気通りで競馬はできると思います。
新馬戦快勝で1倍台のオッズ、能力上位か過剰人気か。

まずは馬券の相手にいれて敬意を表し、見守るレース。

[単穴] マイネルディアベル 

当馬の最大のポイントは父が非SSであるHalo系統である点です。特にディアプロ産駒なのでPW志向の強いダート血統馬になります。ここにトニービン配合なので血統適性にズバリ合致します。

くるみ賞より少し速くなる序盤を上手く入れるかがポイントです。

[ヒモ穴] アポロスターズ

Mr.Prospecter/Danzigなのでこちらも京王杯2歳Sに向きそうな配合。勝浦騎手でアポロというとという感じです。

(回顧)

久しぶりに回顧を書きます。

4角の時点で2番手グループを離して先頭グループを形成した4頭で決着した今年の京王杯2歳S。

前半3ハロン 36.3 
中盤1ハロン 12.1
後半3ハロン 34.3

と完全に瞬発力のレースになってしまった。

少し離されていた中盤、後方グループでは届かない。
前半の3ハロンの時点でノーチャンスだと思う。

自身の予想は持久力のレース想定していたので完全に読み違い。

単穴評価の マイネルディアベル 牡2 柴田大 の前走:くるみ賞のレースラップが、

前半3ハロン 35.4 
中盤1ハロン 12.0
後半3ハロン 35.0

なので一目瞭然。

出来ればもう少し速いラップでマイネルディアベルには先手を主張してほしかったが、数戦の経験しかない2歳馬。こればかりはしょうがいないと思う。

本命: ライアンセンス 牡2 石橋脩 は最後方2番手から大外を回る競馬で上がり33.6

これも自身の前走:いちょうSで惨敗した形と同じレースになってしまった。

中山未勝利戦に魅力を感じた馬なので遅いペースであれば、少し強引に捲る形でも良かったかもしれない。

これでもう少し人気も落ちるだろうし、

展開が嵌ると読んだ時(持久力戦)にもう一度本命の印を打ちたいと思う。

最後に勝った カラダレジェンド 牡2 田辺 も狙いの「母父SS」配合馬、何の印を打てなかったことが。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファンタジーSの予想です。

(血統面)

PW型Northern Dancer系統
(Deputy Minister、Storm Catなど)

理想は対配合でSS系統のSPあれば。


本命 : アドマイヤビジン 牝2 小牧
対抗 : フクノドリーム 牝2 横山典
単穴 : モズハツコイ 牝2 バルサロ
ヒモ穴: ベルカント 牝2 武豊

本命はアドマイヤビジンです。出走馬唯一の「PW型Northern Dancer系統/SS系統」配合馬です。ここは人気にとらわれず馬券圏内突入を信じたい1頭。



対抗はフクノドリーム

血統面では狙いのStorm Cat系統ですが、母父がDanzigなので完全にPW血統配合になります。こうなると前走同様に、逃げて粘りこむ競馬が向きそうで少しハイペースでも後続に脚を使わせる競馬が理想です。

単穴はモズハツコイ

こちらは父:Deputy Minister系統でもクロフネなので少しPW血統馬ですが、母系は十分に柔らかいので1200mよりも1400m向き。ズバリの配合馬がいなければこちらが本命でもよかったです。


ヒモ穴はベルカント

バクシンオー産駒なのでSPはあります。小倉2歳Sでも粘りこみホウライアキコに迫った馬で上位人気馬です。但し、同型であるフクノドリームとの先手争い、先行激化になった場合はフクノドリームの配合が勝るとみてヒモ穴評価にしました。

但し、当馬の粘り込みも怖い。

 

 

エリザベス女王杯・武蔵野S[2013]結論(後書き)

エリザベス女王杯の予想です。

(血統面)

血統面の特徴は父では

Nasrullah系統
Roberto系統

が優勢ですが、この2系統には特徴があり対配合がNTやKingmanboなどだと上昇度は高まります。

SS系統の特徴としては母父CaerleonなどのNorthern Dancerを配合し、クラシック配合であるSS系統よりも、母父Kingmanboなど総合力の高いMr.Prospecter系統やNTなど小回り1800m向きの配合馬に絞ってもよさそうです。

ここはあくまでも馬場が重たい状態での見解ですが。

-結論-

本命 : ミッドサマーフェア 牝4 福永
対抗 : エディン 牝4 藤田
単穴 : レインボーダリア 牝6 柴田善
ヒモ穴: トーセンアルニカ 牝3 池添


本命は ミッドサマーフェア になります。
馬柱表をみた瞬間に本命が決まったというか託したい馬が決まったというのが内心です。

血統面では狙いのRoberto系統になり、対配合にKingmanbo。重たい京都2200m戦で好走を期待したい理想的な配合です。
自身の実績面でも1800m戦の良績がある点も好印象で直線上手く捌ければ。

対抗は エディン の粘り込み。

過去の女王杯をみても逃げ残りが1つのポイントになるレースです。対抗は逃げ馬でと考えていた中、『Nasrullah/タイキシャトル』と魅力的。共に重馬場走る血統ですしここは大掛けに期待。やる気のある藤田騎手でいてほしい。

単穴は レインボーダリア

ここは昨年、重馬場で制した当馬の敬意を表します。
『Roberto/NT』の威力を見せて欲しい。

ヒモ穴 トーセンアルニカ には波乱の3着候補で。

血統面では重馬場向く配合です。そして池添騎手の3着を狙ったイン差しに期待です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて、武蔵野Sです。

 

(血統面)

血統面の特徴は父では

Mr.Prospecter系統
Roberto系統

が優勢で特にMr.Prospecter系統からが理想。

Mr.Prospecter系統の対配合としては、

/Mr.Prospecter系統
/PW型Nasrullah系統

だとさらに上昇度は高いです。

但し、狙いのMr.Prospecter系統でもキングカメハメハ産駒の取捨選択が迷う点で過去の好走馬の多くがダート適性の高いMr.Prospceter系統になります。

もちろんキングカメハメハ産駒もダートは走りますが、どちらかというと芝向きの種牡馬なので対配合がポイントです。
母父SSは嫌したい配合。

そして父:SS系統も嫌いたい血統になります。これは

東京1600mという舞台は同じでも

[G1 フェブラリーSとは真逆の適性]

を示しています。

まとめると、SS系統は積極的に嫌い、

Roberto系統、Mr.Prospecter系統から入りたいレース。

キングカメハメハ産駒は “芝不向き” な配合馬からで。



(血統指数)

自身の血統指数では、

アドマイヤロイヤル 25
ベルシャザール   25
ツクバコガネオー  25

グラッツィア    19
クリールパッション 17

と続きます。

(実績面)

昨年こそ差し馬台頭でしたが、基本は好位差しが狙い目です。

-結論-

本命 : ツクバコガネオー セ5 松岡
対抗 : ナムラタイタン 牡7 津村
単穴 : イジゲン 牡4 ムーア
ヒモ穴: グラッツィア  牡5 田辺


本命は ツクバコガネオー 松岡 に期待。 

配合は狙いの[Mr.Prospecter/PW型Nasrullah系統]。好位で競馬が出来る脚質も理想的です。
父:キングカメハメハがポイントですが、当馬の対配合はダート適性の高いPW型NasrullahのA.P.Indyが魅力的で後押しします。


対抗 ナムラタイタン を相手本線に。

この馬は休み明けがどうかだけです。配合は狙いの[Mr.Prospecter/Mr.Prospecter系統]配合で順調であれば本命でも良かったです。
内枠で上手く流れに乗れる枠、脚質。

単穴 イジゲン 

当馬もMr.Prospecter系統馬で狙いの血統。当馬は休みあけと、出遅れ脚質が不安です。昨年のように中盤で捲れるほどラップの落ち込みがあるかどうか。昨年は展開が異質。ただ、爆発力は一番で。

ヒモ穴 グラッツィア

あとは、キングカメハメハ産駒3頭の取捨選択になりますが、アドマイヤロイヤル や ベルシャザール の母父SSは嫌したいという点と、馬場が渋れば[2‐1‐0‐0]が魅力。

2013年11月 4日 (月)

みやこS・アルゼンチン共和国杯[2013]予想(後追い)

みやこSの考察です。

[展開]

上手く出ればおそらく単騎が濃厚なアイファーソング。1000mの入りは速くはならないだろうと考えています。

昨年(良)、一昨年(稍重)と59秒台で入った年でも好位、内を回った馬と人気馬で決まる展開。

展開面ではこの[好位]、[内を回れる]というのがまずは狙いの前提かと。

[血統]

前日までの1~3番人気が、

ブライトライン 
ローマンレジェンド
グレープブランデー

と全て[SS系統]を父に配合している馬です。


しかし、京都1800m戦で数度、人気薄でBlushing GroomやMr.Prospecter馬券に絡んでいる点からもSS系統のSPよりはむしろ[PWや粘りを発揮できる馬]を狙っていきたいレース。


この[PWや粘りを発揮できる馬]を積極的に狙っていきたい。

-結論-

[好位][内を立ち回る][PW、粘り血統馬]


2013年みやこSの本命は、

9 ナイスミーチュー 小牧

Mr.Prospecter系統/ND系統の配合。キンカメ産駒のダートせの成功馬は母系でPW血統を配合している馬になりますので、その通りの配合。

好位追走から抜け出したい。

あとは、

外枠が少し残念な、

13 グランドシチー 津村

この馬もナイスミーチューと同じキンカメ産駒の母型PW血統馬。

先行勢が少ないので楽に番手追走できれば。

穴は復活を期待したいBlushing Groom配合馬

8 ヒラボクキング 松田

シリウスSの勝ち馬でND系統を父に持つ

5 ケイアイレオーネ 幸


上記4頭で積極的に。

11/03 12:34

 

続いてアルゼンチン共和国杯の予想です。

毎年、
ジャングルポケットは?グラスワンダー産駒は?と馬柱表を見つめますが、

昨年のオウケンブルースリ1頭でしたが、今年はついに0頭でした。

となると、

昨年も推奨した過去好走馬の血統面以外の特徴で多くみられた“ラスト6ハロンの持久力戦”を好走している馬に狙いを定めます。

2013 目黒記念(ムスカテールルルーシュ)
2013 京都大賞典

そして昨年も推奨したマイネルマーク

2012本栖湖特別

にもう一度、期待をかけます。

馬券は3度目の1,2着入線という可能性を持ちつつ、単穴:マイネルマークの差し込みに期待です。

そして母父の配合がグラスワンダーと似ているニューダイナスティを少し。

11/03 15:24



天皇賞・秋[2013]予想(後追い)

1/17頭が適性血統なら・・・

 

当日の馬場状態、どこまで乾くか。

2013年の天皇賞・秋の注目はここだと思います。

過去、重たい馬場で開催された東京2000m戦(準OP以上)で
人気以上に好走した馬の血統を見ると、

Giant's Causeway
Be My Guest
Sadler's Wells

など、Northern Dancer系統の好走が目立ちます。

重たい馬場で開催された過去の天皇賞・秋を見ても

オペラハウス産駒(Sadler's Wells)である

メイショウサムソン
テイエムオペラオー

Bigstone産駒(Northern Dancer)

メイショウドトウなど

の好走もあります。


2013年 天皇賞・秋で人気を背負うのが、

ジェンティルドンナトウケイヘイロー
(SS系統馬)

エイシンフラッシュコディーノ
(Kingmanbo系統)

である点。

上記2系統が重たい馬場の天皇賞・秋の好走血統ではない点。

を考えると、

当日の重たい馬場が残ることを期待して

Northern Dancer系統から攻めていきたい。

出走馬17頭のうち、Northern Dancer系統が1頭。

13 アンコイルド 牡4 吉田隼

[Giant's Causeway/Lyphard]の配合。

春の稍重で開催された2000m戦でもGiant's Causewayを配合している馬が制しているのも後押し。


相手には、母父Danzig系統である女王:ジェンティルドンナを本線に、

ノーザンテーストを母系で配合しているジャングルポケット産駒2騎

ダイワファルコントーセンジョーダンを高配の使者に。


まぁ馬券的には、まずは単勝からですね。


本命 13 アンコイルド 吉田隼
対抗 09 ジェンティルドンナ 岩田康
単穴 10 トーセンジョーダン メンディ
ヒモ 03 ダイワファルコン 川須

10/26 23:23


秋華賞・府中牝馬S・りんどう賞[2013]予想(後追い)

府中牝馬Sの予想です。

[血統面]

トニービン配合馬が適性血統
(但し、ジャングルポケット産駒は不振)

SS系統は対配合が、PW型ND系統・PW型Nasrullah・Sharpen Upなどが希望。

本命は、6 マイネイザベル 牝5 松岡 になります。
出走馬中唯一の父:トニービン系統。

年齢を重ね、競馬に幅がでてきました。上手く立ち回れることを期待して。

この馬から入ることは比較的あっさりと決まりました。

相手本線は、SS/Sharpen Up配合馬 8 ゴールデンナンバー 横山典 まだまだ準OPの条件馬ですが、能力よりも自身の適正群を重視しました。

あと、5 ハナズゴール 牝4 武豊 と続きますが、

配当面での期待は 12 パワースポット 牝5 石橋脩 配合的には十分好勝負期待。

10/13 22:36

 

秋華賞の予想です。

過去の好走馬の血統を見ると、偏りがあらわれます。

[血統]

1) SS系統馬
(対配合にPW型Nasrullah系統やPW型ND系統配合馬)

2) Mr.Prospecter/SS系統馬

血統面は上記1) 2)系統が狙い、そして1)のSS/PW型Nasrullah系統と/ND系統ではタイプが異なります。

●SS/PW型Nasrullah系統(安定的に適性を発揮する)
●SS/PW型ND系統(浮き沈みが激しく爆発力がある)


[脚質] ラストまで粘りこみを図る展開が近年目立ちます。

-結論-

安定配合のSS/PW型Nasrullah系統の出走がありませんでした。
となると、爆発力のあるSS/PW型ND系統馬から一発を狙いたいレース。

【本命:コレクターアイテム 牝3 秋山】はSS系統/Storm Birdなので狙いの1)配合馬。父:ハーツクライの存在も大きく、過去激走したSS系統の中に多く、トニービン配合馬がいましたので、本命を託します。


相手は内枠から狙って、【対抗:ウリウリ 牝3 浜中】はコレクターアイテムと同じ配合で爆発力を期待。

【ヒモ穴:ティアーモ 牝3 川田】は2)該当のMr.Prospecter/SS配合馬。先行できる脚質ですし、直線上手く差し込みたい。

あとは、粘り込みを図りたい【単穴:ノボリディアーナ 牝3 幸】を単穴抑えて。

10/13 14:14

 

りんどう賞の予想です。

過去2年人気薄2頭が制しています。

クロフネサプライズ(5番人気)
レディーメグネイト(7番人気)

2頭とも逃げ馬で、

父がダート戦でも力を発揮できるPWタイプの“Northern Dancer系統/母父トニービン”(血統)

1200m戦でも強引に先手を主張できるSPのある父に母系統Nasrullahで柔らかさを加え1400mベストに感じれる配合馬です。

そして差し込んでくる馬は、SS/Northern Dancer系統配合馬になります。

Northern Dancer系統でも『総合力が高くSTのある系統』が理想です。


今年の出走馬で先手主張タイプの馬から、

対抗:10 マラムデール 牝2 岩田康
 
「フレンチデピュティ/SS」配合馬

母父Nasrullahではありませんが、SSを配合し柔らかさを伝えている配合。粘りこめるのは当馬かと思っています。


本命はこのマラムデールを差し切れる馬という位置づけになります。

本命: 3 クールジョジョ 牝2 幸

「ステイゴールド/ラストタイクーン」配合馬

父:SS系統/母系統:総合力が高いNorthern Dancer系統。

ききょうSも良い脚を使えていましたし、一番配合面も好走血統に合致します。

過去2年の勝ち馬の配合が当時期、当レースの適性血統だとすると、対抗馬:マラムデールがズバリではありませんので最後の直線でかわせるのではないかと。


残りの2頭

単穴:リアルヴィーナス 牝2 武豊 も母父にNorthern Dancer系統をしっかりと配合していますが、根幹がDanzig系統でした。少し評価を落とし3番手。


ヒモ穴: エイシンオルドス 牝2 川田 は逃げ馬という点とエルノルテよりも複勝圏内の期待をしたい点の2点から。

エルノルテはTurn toの多本クロスな点が仕上がり早、上昇度少ないと考え「嫌」しました。


 


Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~