« デイリー杯クイーンカップ[2016]予想/嫌したいが・・・いかに | メイン | 弥生賞[2016]血統分析/この舞台なら差は詰まる »

2016年2月13日 (土)

共同通信杯【2016】考察・予想/クラシック路線の中心かどうか

クイーンCの予想で、メジャーエンブレムの血統考察を完全に間違えて考察していました。

■ハートレーは最強か!?

父:ディープインパクト、母系統:Congrats(Storm Cat)配合馬です。

キャロットクラブの1歳馬募集にもし当馬が入っていれば少し酷評をしてしまい、失敗しているのかなと思うのが当馬で、血統面を見ると母系にSeattle Slew系統/Storm Cat(Secretariat)の配合になります。母系でSecretariatのクロスが入る配合なのでどちらかというと、

『ダート戦で押し切るPW<ダート戦で直線脚を伸ばす』

タイプになります。ここが勿体ないと思う点で、ディープインパクトの特徴で産駒にはそれなりの瞬発力が伝わるので、その対配合にPW要素の高いNorthern Dancer系統を配合した場合はそのさらに対配合でもダート戦を力で押し切るぐらいPWを補填するというのが理想。ディープインパクト黄金B配合になります。

個人的には超A級馬と対峙した場合、総合力で負けるのではないかと思います。スマートオーディンとの対決で当馬が中心を走っているのか、2番手グループなのか分かるのでこの1戦は楽しみです。

■他のディープ産駒は…

キングオブアームズも同じでせっかくのディープインパクト/Danzig配合馬なのですが、母系の対配合が勿体なく特徴を消しそうな印象。少しズレます。3頭目のディープインパクト産駒、ディーマジェスティはHail to Reasonのクロスになるので小回り向き、この相手であれば立ち回りの良さで何とかという印象。

■ メートルダールは小回り1800m向きで

ゼンノロブロイ/Roberto(Sadler’s Wells)配合になり、小回り向きの配合。母系はスタミナ色高いので1800mでもという印象。葉牡丹賞快勝そのままのイメージです。

■リスペクトアースは万能型マンハッタンカフェ産駒、母系の特徴が重要で根幹がMr.Prospecter系統でクロスが入ります。距離適性は短めにシフトするので前走の2,000m戦だと少し厳しく距離が200m短縮されるのはプラスになりますがベストは1400~1600m戦ではないかと思います。ここは3歳牡馬路線のA級馬が相手ですのでという感じ。

■ スマートオーディンはダノンシャンティ産駒です。ダノンシャンティはフジキセキ産駒のPW要素と母系の上質Darshaanの柔らかさを引き継いだマイル向き、且つ父・母を通じてHaloのクロスにもなるため仕上がり早く、操縦性も良いバランスの良い配合です。

この特徴は産駒にも伝わるはずで、スマートオーディンの良さは母系統根幹にLyphardを配合し、父系統に配合されていなかったNorthern Dancer系統を補填している点。総合力を高めています。父よりは切れ味は薄れますが、距離は持ちそうです。仕上がりは早いと思いますので、休み明け初戦がベストパフォーマンスという可能性は高そうです。

共同通信杯はハートレーがクラシック路線の中心にいるかどうかが分かる1戦になります。スマートオーディンに敗れると少し厳しいかもしれませんが、馬券予想は個人の私見ですのでスマートオーディンを上に見て馬券構成してみます。

【スマートオーディン⇒馬単数頭流しを推奨します。】

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/370154/33740119

共同通信杯【2016】考察・予想/クラシック路線の中心かどうかを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

Powered by Six Apart

―相互ブログ―

稀に的中?3代血統で重賞予想

ノリパパの子育て&ゴルフブログ

メモリーガリソン【185.6倍】単勝を当てた男。

【2010】キャロットクラブ募集馬~簡易血統分析【まとめ】

記事が掲載されています

単勝からはじまる馬単マイスター

騎手のことなら―sirube―

名言と競馬の奇跡のコラボレーション

競馬ナンデ

POG2010-2011指名馬

ウマポタ

ブラッドスポーツの真髄

人生逆転の馬券

競馬予想会社検証 KEIBARUSH

よく当たる競馬予想 ウママン

競馬あんてな

競馬予想サイト検証 競馬ファクト

競馬予想サイト評価ランキング

ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~